現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

2007年1月7日(日)~8日(月) 三本杭・高月山

★2007年1月7日(日)~8日(月) 三本杭~鬼ガ城山・高月山 
            参加者…7名 天気…雪 
三本杭
(株)アシックスの「チャレンジ4000」の「ブナの木の山を登る」
イベントへ参加してきました。
台風並みの低気圧の影響で全国的に大荒れの連休でしたが、
アシックスのアウトドアマイスター・重廣恒夫さんをリーダーに、
意外にも穏やかなブナの木の山を歩いてきました。

《コースタイム》
▼7日(日) コンパス5:00⇒滑床・万年橋8:40⇒御祝山10:20⇒三本杭11:40(休憩~12:30)
⇒熊のコル12:55⇒八面山13:30⇒大久保山13:55⇒猪のコル14:08⇒鬼ガ城山14:30
⇒鹿のコル14:50⇒林道歩き⇒滑床・万年橋17:00⇒車で移
動⇒成川渓谷休養センター18:30(宿泊)
▼8日(月) 成川渓谷休養センター(登山口)8:00⇒下部林道温泉源8:25⇒上部林道9:10
⇒梅ガ成峠分岐⇒高月山11:20⇒梅ガ成峠分岐⇒梅ガ成峠
⇒鹿のコル(下山口)12:50⇒コンパス16:00
《メ   モ》
2007年は、雪の例会でスタートしました。
日本列島は台風並みの低気圧の接近で大荒れとなった
1月最初の連休、温暖と言われる愛媛県もすっぽりと冷蔵庫に
入ってしまったような寒さの中での例会となりました。
◇7日(日)三本杭~鬼ガ城山へ
朝5時松山出発。
松山道は大洲→宇和間が積雪のため通行止め。
内子ICで高速をおり、肱川沿いに南下。
「ここって本当に愛媛県?」
あたり一面銀世界になった城川や日吉の町を抜け、滑床到着。
出発
シャキッとするような冷気の中、支度を整え出発!
リーダーはもちろん、アウトドアマイスターの重廣恒夫さん。
御祝山への急坂を暑さをこらえながら登ること約1時間40分ほど。
御祝山
やっと御祝山到着。
休憩をした途端、風と寒さが襲ってくる。
三本杭へ
慌てて上着を着用、三本杭へと続く登山道を進む。
登山道
登山道に積雪はあるものの、たいしたことはない。
かえってもう少し積雪があったほうが歩きやすいくらい。
鹿よけ
頂上手前には鹿よけ防護ネットが設けられていた。
近年鹿の食害にあい、植生への被害が深刻だそうだ。
柵を抜け、頂上に立った。
頂上
頂上からの視界はなく、風も強いため少し下ったところで
お昼ごはん。
うどん
熱々のうどんが冷えた体にありがたい
熊のコルへ
休憩後、熊のコルへ下り、鬼ガ城山方面へ縦走。
まずは八面山へ。
八面山
熊のコルから登り返し進むこと約35分ほどで八面山到着。
大久保山
次の大久保山へは約25分で到着。
そしていよいよ初日のラストの山、鬼ガ城山へ向かう。
宇和海
緩やかな登山道を歩きながらふと目をやれば
宇和海が見えていた。
猪のコル
猪のコルまで緩々下り、そしてまた登り返す。
鬼ガ城山
急な登りが続き、汗をかきつつ、
本日の最終目的地、鬼ガ城山到着。ふぅ^_^;
少し休憩して鹿のコルへ。
鹿のコル
鹿のコルに到着。
今日はここで終了!!…というわけには行かず…(>_<)
林道へ
一般車両通行止めの林道を歩き滑床・万年橋へ下る。
林道歩きの途中、登山道を発見し、登山道に入る。
怖い
中途半端な積雪で足元はとても滑りやすい。
延々と歩くこと約2時間。
ただいま
疲れがピークに達した頃、薄暗くなった万年橋へ帰ってきた。
◇8日(月) 高月山へ
地図
今日は、登山口からの標高差が約900mもある高月山へ向かう。
車2台(運転手2名)を下山口の鹿のコルへ移動。
残り5名で高月山を目指すことになった。
出発
雨が雪に変わろうとする中、登山口出発。
ハシゴ
上部林道から崖に鉄梯子がかかっている。
上部林道から高月山頂上方面へ目をやると
霧氷に覆われた頂上がはっきり視界に入った。
ゆるやか
梅ガ成峠からの尾根道はゆるやかなアップダウンの登山道。
快適に歩いて進む。
急登
しかし高月山目前、のところからは急登。
ほぼ垂直に登っているような道を這い上がるように進む。
高月山
やっと着いた頂上は強風のため5分ほどで退散。
早々に下山する。
途中で鹿のコルから登ってきた2名と合流。
下山
そろって鹿のコルへ無事下山。
帰りは宇和島へ出て、松山へ。
揃ってコンパスまで戻り
『チャレンジ4000・ブナの木の山へ登る』無事終了し、解散。

2007.01.09(Tue) | 愛媛県の山 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/97-025115a6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン