現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2006年10月17日(火) 石鎚山 東稜

★2006年10月17日 石鎚山 東稜 参加者…15名 天気…
天狗岳
秋です。紅葉の季節です。紅葉を求めて、1年ぶりに
東稜コースから石鎚山へ行ってきました。
今回のレポートは小林誉宣さんです。
《コースタイム》
コンパス5:30⇒土小屋8:35⇒東稜基部9:50⇒南尖峰11:35⇒天狗岳12:00
⇒弥山12:30(休憩~13:45)⇒二ノ鎖小屋14:05⇒東稜基部14:30
⇒土小屋15:40⇒コンパス18:40
《メ    モ》
出発
今回は総勢16名の大所帯で紅葉を探しに東稜コースで石鎚登山をしてきました。
上々
天気は上々、雲一つ無い青空で、最高の登山日和
東稜基部までは景色も良く瓶ヶ森や筒上山を眺めながらのんびり登山
ランランラン♪
紅葉もバッチリのタイミングで赤・黄・オレンジと
綺麗な自然のカラーコーディネートを見せてくれた。
急坂
東稜基部からは一変急坂の連続
皆、必死に登っていく。
矢筈岩
特に矢筈岩の間の坂は特別級
矢筈岩
笹だろうが前の人の足だろうがお構いなしに
掴みたくなるような急坂
南尖峰
そんな急坂を皆頑張って登りきり取り付いた南尖峰が今日一番の難所
乗越
足元を見るとヒエ~ (@_@)目がくらむような絶壁
リーダーのアシストを受け一人づつ慎重に乗り越えていき
無事全員クリアー\(~δ~)/
天狗岳で記念撮影し、
弥山へ
昼食をとりに弥山に移動~
ご飯
紅葉を愛でながらのご飯は最高
梨もコーヒーも美味しかったです。    
昼食も終わり一路下山へ~
下山
下山コースもやはり鮮やかに紅葉した景色が目を楽しませてくれた。
東稜基部
登りはあれだけ苦労したのがウソのような簡単な下り。
おりたよ
あっという間に土小屋に到着しました。


2006.10.17(Tue) | 石鎚山 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/84-c6b2d558
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。