現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2006年7月16日(日) 石鎚山

★2006年7月16日(日) 石鎚山~面河道~ 参加者…19名 天気…曇り
久しぶりの石鎚山へ、久しぶりの面河道から行ってきました。
弥山

《コースタイム》
 コンパス4:30⇒面河渓谷7:10⇒面河登山口7:30⇒霧ヶ迫(水場)8:40
 ⇒愛大小屋10:43(~11:00)⇒水場12:00(昼休憩~12:30)
 ⇒分岐点12:55⇒弥山13:15(~13:30)⇒東稜基部⇒土小屋15:20
 ⇒16:30発のバスで面河へ⇒面河17:10(面河渓谷の車回収)
 ⇒帰路温泉(古岩屋荘)⇒松山
《メ    モ》
夜毎続く熱帯夜にうんざり(-_-;)
梅雨明けの声も未だ聞こえず…。
お山開きの終わった石鎚山へ久しぶりの登山。
登山口は面河。
今回はなんと過去最高の参加人数、19名と言う大所帯。
先頭から振り返ってみた列の長いこと!!
ともかく面河登山口を目指す。
出発
登山口からしばらく続く急な坂道。
あっという間に噴き出す汗。
暑い暑い。これはたまらん。
急登
やっと着いた『霧ヶ迫』。湧き出る清水にのどを潤し
暑さで火照った顔を洗うと、すっきり、気分爽快♪
体の隅々までが生き返ったよう…。
霧ヶ迫
…が、それも束の間。再び始まる急登に
あっという間に元通り!
やっと1525mの地点あたりから軽いアップダウンの道になる。
心地よい風が体を吹きぬけていくと
またしても「生き返るぅぅぅ~♪」
そして、↓こんな所や
こんな道や…
↓あんな所をおっかなびっくり通過して
あんな道…
今にも崩れそうな愛大小屋に到着。
「ふぅ、やれやれ~」
ザックをおろしてひと息入れる。
ここからが大変。
山の吸血鬼『蚋(ブヨ)』の大歓迎が始まった。\(◎o◎)/!
あっという間に刺されてしまい、痒いわ痛いわ…。
さぁ、早く行こう!
愛大小屋
しばらく行くと快適な笹原のトラバース道。
右手に石鎚山頂を見ながらゆったり進む…
そんなわけには行かず~(-_-;)
山頂は終日ガスに包まれたままで見えずじまいだし、
払っても払っても執拗に喰らいついてくるブヨに
辟易としながらひたすら前進。
そして↓こんな所や
こんな道
↓こんな所を慎重に通過し、
こーんな道
とどめにこんな所も全員無事クリア。
笹原
危険なところは終わり
あとはひたすら頂上を目指すのみ。
心臓破りの坂?
シラベ林の水場でちょうど昼になったので
ここで昼休憩。
のんびりしたいところなのだが、
じっとしていると瞬く間にブヨの格好の餌食に…。
早々に休憩を切り上げて山頂に向けて出発。
もちろんブヨの大群を引き連れて…(と言うか、至る所ブヨだらけ)(-_-;)
お山開きが終わり、3連休とあってか
天気はあまりよくないのに分岐からは大勢の登山者に出会う。
ガスでまったく展望のない弥山到着。
ここまでの所要時間5時間半(休憩時間込み)!!
よく歩いたもんだ。
一休みして土小屋へ向けて下山開始。
着いたよ
二ノ鎖小屋を過ぎ、高度が下がるごとに
ブヨが減ってきた。
下って下って無事土小屋到着。
16:30発のバスに乗り、面河へ。
暑くて、痒くて長~~~い一日だった。
さぁ帰ろう

2006.07.17(Mon) | 石鎚山 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/69-4d881eb1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。