現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

2006年5月21日(日) 土佐矢筈山~京柱峠より

★2006年5月21日(日) 参加者…10名 天気…晴れ
高知県と徳島県の県境の峠、
京柱峠より土佐矢筈山へ行ってきました。
土佐矢筈山

《コースタイム》
コンパス5:00⇒京柱峠9:10⇒祠10:20(原始林分岐)⇒小檜曽山分岐10:45
⇒ニセ小檜曽山(旧・1,541m)10:50⇒矢筈山11:50(昼飯休憩~13:00)
⇒ニセ小檜曽山13:42⇒小檜曽山分岐⇒祠14:15⇒原始林ルートへ
⇒京柱峠15:10⇒帰路温泉(大歩危温泉)⇒松山
《メ    モ》
昨日までの雨続きの空模様がうそのような日曜日、
出発
京柱峠から土佐矢筈山に行ってきた。
矢筈峠(アリラン峠)からだと約1時間半ほどで登れるが、
今回は久しぶりにロングコースを選択。
初夏の日差し眩しい山を満喫してきた。
急登
登り始めから少し行くと、つま先上がりの急登となる。
樹林の中を、それこそ這い上がるようにして進んでいく。
日本庭園
稜線手前まで来るとあたりの景色は一変。
日本庭園風の世界が広がる。
分岐
ひと登りで稜線上の小檜曽山分岐到着。
左手に土佐矢筈山
左手のほうには土佐矢筈山がくっきり見えている。
尾根道歩き
ここから山頂まではゆるやかなアップダウンは多少あるものの
なだらかに広がる草原のような笹原の道を進んでいくのみ!
分岐からすぐに1,541mのピーク到着。
ニセ(旧)小檜曽山
ここに休む先客2名。
しつこくもう1枚
近寄れば、山好きなご夫婦、今治の山本さんご夫妻だった(*^_^*)
少し休憩を取って出発。
土佐矢筈山までの稜線歩きの道は、たいそう快適…
ではなかった。
笹の海
途切れ途切れではあるけれど、
途中膝から胸辺りまでの笹をかき分けて進むところが多数あり、
歩きづらかった(ーー;)
ハイウェイ
しかし一方では大草原の中にスーッと伸びる1本のハイウェイのような登山道~♪
スキップ、する?
空の青さに加え、笹原を横切る風の爽やかさに
気分は爽快!!スキップをしたくなるよう~♪♪♪
アップダウン
幾度か軽くアップダウンを繰り返した後、
山頂へ
大勢の登山者で賑わう山頂に到着。
早々に記念撮影を済ませ、退散。
のんびりお昼
山頂から少し下がった場所でのんびりお昼ご飯~。
帰り支度を済ませそろそろ帰ろうと立ち上がった頃、
長蛇の列
矢筈峠(アリラン峠)からの登山者の長蛇の列。
先頭に見知った人の顔を見つけたので聞くと
岳連の70名の団体さんだそうだ。
あとからあとから山頂目指して上がって来ていた。
70名を見送り下山開始。
帰りも同じく京柱峠へ。
原始林
祠の分岐から、原始林のほうへ迂回。
終日お天気に恵まれ、無事京柱峠へ下山完了。
帰路大歩危温泉でさっぱり汗を流して帰路に着いた。
※アクセスルートについて
 ①高知県大豊町から入る
 ②徳島県三好市から入る。
 2つのルートがあり、今回は②徳島県からのルートを選んだ。
 ちなみに前回は高知県からのルート。
 どちらが短時間?
※土佐矢筈山はトサノミツバツツジの美しさで有名な山。
 トサノミツバツツ
 今年の花は例年より遅れているが、ここも然り。
 1週間後が見頃かも…。
※昨年来しばらくお休みだった楽三さん。
 笹原の王子様?
久しぶりに例会に顔を出していただきました。
  

2006.05.21(Sun) | 徳島県・高知県の山 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/58-45284a6c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン