現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

2006年5月13日(土)~14日(日) 剣山~三嶺縦走

★2006年5月13日(土)~14日(日) 剣山~三嶺縦走 
   参加者…5名 天気…13日霧雨 14日晴れ
四国一と言われる縦走路、剣山から三嶺への道をゆったり歩いてきました。
三嶺到着!

《コースタイム》 
13日(土) コンパス8:30⇒三嶺(名頃)登山口13:00⇒見ノ越登山口13:30着14:00出発
       ⇒西島14:38⇒剣山頂上ヒュッテ15:15(宿泊) 
14日(日) 剣山頂上ヒュッテ5:45⇒剣山頂上5:50⇒次郎笈6:40⇒丸石7:35⇒丸石避難小屋8:04
       ⇒高ノ瀬8:30⇒白髪避難小屋10:45⇒カヤハゲ11:35(昼休憩~12:10)
       ⇒三嶺頂上13:08(感激休憩~13:25)⇒ダケモミの丘分岐点14:14
       ⇒平尾谷登山口15:03(お疲れ休憩~15:10)⇒三嶺(名頃)登山口15:45
       ⇒見ノ越登山口(車回収)⇒帰路温泉⇒コンパス
《メ    モ》
『9回裏2死満塁逆転ホームラン!奇跡の大勝利!!』
言葉にすれば、まさにこんな感じのお天気の大変化。
四国一の美しい縦走路を満喫してきた。
13日…終日雨。
見ノ越出発
霧雨の中、見ノ越から剣山頂上ヒュッテへ。
西島
お天気次第では一ノ森へ足を伸ばしても、と思っていたが、
降り止まぬ雨で、結局取りやめ。
晩ご飯
ヒュッテでのんびり過ごすことに~。
明日の長丁場に備えて、夜9時就寝。
寝る前、天気予報に変化が…!?
ナント、明日はマーク。
ホントにぃ??????
14日…朝4時15分、けたたましくなる目覚ましに起こされる。
気になるお天気は……おお晴れてる
しかし寒い。気温はナント1.7℃!
ヒュッテ出発。
支度を済ませて5時45分、頂上ヒュッテを後にする。
剣山頂上へ
程なく到着した剣山頂上は強風。
三嶺方面はうっすらガスの中。
5名中3人は今コース初縦走。
次郎笈へ
果たして無事三嶺までたどり着けるのだろうかとの不安を
胸の奥に抱えて最初の目的地次郎笈へ向かった。
起きぬけの体に次郎笈への上りはきつく、酸欠状態に陥りそう。
次郎笈
喘ぎながら次郎笈到着。
次は丸石だ。
丸石へ
いったん縦走路への急坂を下り、縦走路と合流。
縦走路
しばらくなだらかな道にホッとひと息。
丸石頂上
膝丈の笹を蹴りわけながらやや急な坂道を上り詰めると丸石頂上。
振り返ると今しがた通ってきた次郎笈が早少し遠ざかっている。
高ノ瀬へ
さぁ、次は高ノ瀬だ。
高ノ瀬への上りは2回目の試練。
急な上り坂を「見なかったことにしよう大作戦」でやり過ごし
高ノ瀬
やっとの思いで高ノ瀬到着。
次は1,732mのピークを経て、白髪避難小屋へ。
白髪避難小屋へ
やや曇りがちだった空から、太陽が顔を覗かせ始めた。
三嶺も姿を現し、わたしたちを待っている。
1,732mのピークあたりで、カッパのズボンを脱ぐ。
空には青空が広がり、もう足元が濡れる心配もなさそうだ。
過去2回、高ノ瀬くらい白髪避難小屋辺りまで
腰丈くらいの高さの笹に非常に歩きづらく時間も要したのだが
今回、きれいに刈り払われており、とても歩きやすい道になっていた。
本当にありがたかった。
白髪避難小屋
白髪避難小屋到着。行程の3分の2を消化。
上る
白髪避難小屋からいったん上り坂。
ここもまた「見なかったことにしよう大作戦」で頑張る。
下る
しかしカヤハゲを前にいったん急降下。
まだ下る
「いったいどこまで下ればいいのーーー( ̄□ ̄;)!!」
と言うくらい下った後はお決まりの急登。
ガンバレ、ガンバレ!
カヤハゲ到着。
疲労と空腹のピークに達した頃カヤハゲ到着。
三嶺はもう目の前に迫ってきている。
カヤハゲでお昼ご飯を取るため大休止。
かなり疲れてはいるが、気力はみんな充実している。
三嶺へ
さぁ、いよいよ大詰めだ。
カヤハゲからいったんまた大きく下る。
そして幾度か軽くアップダウンを繰り返すと…
大岩
「ドーーーーーン!!」
えへへ
目の前に三嶺山頂直下の大岩がデンと座り
わたしたちを迎えてくれていた。
最後の試練を前に、呼吸を整える。
一歩一歩
それこそ一歩一歩這うように上を目指す。
怖い
大きな段差、急傾斜にひやひやしながら
慎重に登る。
あと5歩…あと3歩…
着いた!
やったぁぁぁーーーーー!三嶺到着。
感激!
感激に浸り頂上で休憩。
目の前に意外に近くに見える剣山。
今朝あんな遠くから、ここまで歩いてきたんだ。
ここまで頑張ってくれた足に感謝。
一緒に歩いてきた仲間に感謝。
下山
しかしここでまだ気は抜けない。
名頃で待つ車まで、まだまだ歩きは続く。
名頃へ
名頃への下山は、これでもか、と言うくらいの急坂を下る。
下る
「こんなにこの道って急だったの?」
ドンドン下る
疲れた足と体に急坂の下山はきびしかった。
どうにか平尾谷登山口に到着。
さて、ここからは林道歩きかぁ。。
やや気は重いものの、歩くしか手段がないのだから、
歩くっきゃない。
だらだらてくてく歩く途中、林道脇にピンクのテープ発見!?
「何のしるし?」
行って見ようと言うことになり、テープに導かれ下ってみると…
これが大正解!
ほぼ林道歩きをカットし、名頃登山口まであとわずか、
と言う地点の林道に出ることができた。
ヤマシャクヤク
おまけに可愛いヤマシャクヤクの花を発見。
うん、よかった。
平尾谷から名頃までの道のりがとても楽しく通過でき、なんてラッキー
名頃登山口で停めておいた車に乗り込み、見ノ越へ。
見ノ越で待っていたもう1台の車を回収し、帰路に着いた。
※車2台使用。
行きは国道438号で名頃に寄り車1台デポ。
もう1台に全員乗り込み見ノ越へ。
帰りは名頃に下山、デポしていた車に全員乗り込み見ノ越へ。
見ノ越から2台で国道439号を走り帰って来た。


2006.05.15(Mon) | 徳島県・高知県の山 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/57-7528e476
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン