現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2006年2月18日~19日 三嶺

★2006年2月18日(土)~19日(日) 三 嶺 参加者…8名 天気…まずまず

3度目の正直、冬の三嶺頂上制覇を目指して、行ってきました。
三嶺頂上

《コースタイム》
18日(土)…松山 5:00⇒名頃登山口 9:15⇒平尾谷登山口10:05到着10:20出発
     ⇒分岐 11:55⇒ダケモミの丘を過ぎたあたりで昼食⇒三嶺ヒュッテ 14:00(荷物を置く)
     ⇒三嶺 14:30⇒三嶺ヒュッテ 15:00(無人小屋泊) 1時間ほど小屋の前で遊ぶ
19日(日)…三嶺ヒュッテ 8:15⇒分岐 9:45⇒平尾谷登山口 10:25⇒名頃登山口 11:05
     ⇒帰路温泉入浴⇒松山
《メ    モ》
 2年連続敗退の冬の三嶺へ~。
(一回目は大雪のため時間切れで途中まで、
2回目も時間切れで三嶺ヒュッテまで)
今回は三嶺ヒュッテで1泊をして三度目の正直に挑戦。
18日(土)早朝5時松山を出発。キリッと冷えた空気が気持ちいい朝だった。
名頃登山口
国道439号を通り、名頃に到着。車はここまで。
新しく駐車場が整備され、今後はこの地点が三嶺登山口となる。
ここから後は徒歩となる。
支度を整え、軽くストレッチを行い、出発。
今回は無人小屋泊なので、食料や水、シュラフなどで
大きなザックはパンパンで、ずっしり重たい。
こんなんで小屋まで無事たどり着けるんだろうか?
かなり不安~。
林道歩き
まずは平尾谷登山口までの林道歩き。雪はほとんどない。
進むにつれ。林道上や斜面に雪が見えてくる。
ほぼ50分ほどで平尾谷登山口到着。
ウォーミングアップは完璧だ!
分岐へ
雪は堅く締まっている。
ここでアイゼンを装着。一気に足に負荷がかかり、重たくなる。
ザックの重さ+足の重さで、登っていく一歩一歩がなんと辛い事か…。
ガーッと登っては、はぁはぁと深呼吸を何度も繰り返し、
やっとの思いで分岐点到着。
しんどい
少し休憩し出発。途中の景色のよい場所で昼食をとる。
夕方までに小屋につけばいいのだと思うと少しばかり気持ちが楽になる。
昼食の後、ひと上りで樹林を抜ける。
トラバース
いよいよ今日の核心部。
笹原のトラバースは緊張する場面。
しかし堅く締まった雪で、アイゼンがよく効くので、
思ったよりずいぶんと歩きやすい気がした。
あと少し
水場への分岐を過ぎ、最後の急登を頑張って登りきると、
今日の目的地、三嶺ヒュッテがすぐ右手に見えた。
午後2時三嶺ヒュッテ到着!
ヤレヤレ~(^_^;)
頂上へ
小屋で重たいザックを下ろし身軽になって、三嶺頂上へ。
1時間ほどで往復。
三嶺頂上
頂上は風もなくおだやか。
眺めよし!
見晴らし抜群で、遠くに石鎚山も見ることができた。
凍った池
小屋前の池はすっかり凍っている。
練習
池の周りでグリセードや滑落停止の練習をしてしばらく過ごし、
小屋に入る。
暗くなる前に寝る準備を済ませ、夕食。
夕食メニューは『鶏団子鍋』。
小屋の夜は和やかに過ぎていき、早々と夜8時前就寝。
 19日(日)朝6時起床。手早く朝食や片づけを済ませる。
小屋出発
8時過ぎに小屋を出発。今日は名頃まで下るのみ。
気をつけて
小屋からすぐの急斜面の下りや
無事通過
笹原のトラバースの箇所は慎重に通過。
雪

後は時折小雪の舞う中を、ところどころ足元に注意しつつ、
帰ってきました。
一気に名頃の駐車場に戻りついた。
 車に乗り込み、帰路につく。
途中祖谷そばに舌鼓を打ち、大歩危温泉で疲れと汚れを落としてすっきり。
三度目の正直、見事達成!!

2006.02.19(Sun) | 徳島県・高知県の山 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/42-5ef6f512
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。