現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2006年1月15日(日) 笹ヶ峰

★2006年1月15日(日) 笹ヶ峰 参加者…9名 天候…晴れ

頂上、うしろは石鎚山
新春第2弾は『笹ヶ峰』。
今回は一万尺クラブ会員6名に一般参加者3名が加わっての
賑やかな例会となりました
《コースタイム》
 松山 5:00⇒登山口 8:00⇒宿 9:15⇒丸山荘 10:10(~10:30)
 ⇒笹ヶ峰頂上 12:05(昼食休憩~12:48)⇒もみじ谷分岐 13:05
 ⇒もみじ谷⇒丸山荘 14:30(休憩~15:00)⇒西山越⇒宿 15:55
 ⇒登山口 16:50⇒松山

《メ   モ》
 前日は朝から、雨がやむことなく夕方までずっと降り続いたが、
どうにか夜には雨が上がった。どうやら笹ヶ峰でも雨が降っていたようだ。
 朝5時松山を出発。12月の例会では積雪量の多さで林道が通れず
敗退したのだが、今回は登山口まで車で乗り入れることができた。
ここ1週間ほど、春の陽気でずっと暖かかったので
道路の雪はあらかたとけてしまっていた。
登山道
 登山口で支度を整え出発。高度を上げるに従い、登山道の雪が多くなってくる。
上へ
ここ数日来の暖かさで、雪のコンディションはあまり良くない。
重たく湿った雪が足取りを重くする。
宿で一息入れて再び歩き始めるが、積雪が深くなるに従い
つぼ足となり、ズボズボ深みにはまり、非常に歩きにくい。
丸山荘
 やっとの思いで丸山荘に到着。管理人の片山さんが笑顔で出迎えてくれた。
天候や雪の状態次第では頂上へは向かわないかも、とここまでやってきたが、
幸い上に向かうほど雪の状態は良さそうだ。
晴れたことにより、夜間冷え込んだようで、樹には霧氷がついている。
雪の表面もクラストしており、これならば雪崩れの心配はないだろう
という判断で頂上を目指すことになった。
進もう
 キャンプ場を通り、樹林の中を進むのだが、ここは大変だった。
不意に足がひざの上までズボッとはまり込んでしまう。
5メートル進むのさえ相当な労力を要する。
なんだかアリ地獄に足を踏み込んでしまった気分だ。
笹原に出た
 苦労しつつもどうにか笹の斜面に這い上がった。
快晴
ここからは運がよければ、硬く締まった雪面、非常に歩きやすい。
しかし油断は禁物。ほんの何センチかずれただけで、
思いっきりつぼ足。深いところは太腿あたりまで埋もれてしまうから
たまったものじゃない。
直登
 かなり上がってから直登コースへ。
夏道では絶対無理なコース取りだ。
ちち山ルート
ぐいぐい上がっていくと頂上から紅葉谷へのルート上にひょっこり出た。 
頂上はすぐそこだ。
到着
相変わらず、あっちこっちで雪を踏み抜きながら頂上到着。
 厳冬期のこの時期、考えられないことだが
本当に幸運にも風もなく、とても暖かな頂上。
石鎚山や寒風山はもちろん、遠く剣山系の山々までもが
くっきり雲海に浮かんでいる。
のんびり昼食
最高の眺めをおかずにのんびり昼食タイム。
もみじ谷へ
 下りはもみじ谷を下ることにした。
下る
昨年は堅く締まった雪にサクサク下ることができたが、
今回は大変、本当に大汗をかいた。
もみじ谷は大変
もみじ谷は冬場はとても危険性の高いところなので
細心の注意を払って下っていった。
注意
とにかく雪が深い!足の付け根まですっぽり埋まってしまうほど。
場所によってはもっと深いところもあった。
緊張感と、3歩進んで2歩下がるような苦労とで、下りだというのに
汗だくになってしまった。
どうにかこうにか平坦な場所に降り立った時には心底疲れてしまった。
丸山荘に帰り着き、コーヒーで一服。
西山越
 帰りは楽に、と思って西山越経由で宿へ向かったのだが
これがまた大変だった。トレースがない上に、
腐れ雪で、またもやズボズボ足が雪に埋まる。(´ヘ`;)ハァ
宿へ
丸山荘から奮闘すること約2時間、薄暗くなり始めた登山口に
やっと戻った時には本当にホッとした。

2006.01.16(Mon) | 笹ヶ峰 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/36-04399882
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。