現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2006年1月9日(月) 皿ヶ嶺

★2006年1月9日(日) 皿ヶ嶺 参加者…7名 天気…晴れ

2006年例会第1弾は『皿ヶ嶺』。
今冬の雪はとにかくハンパじゃありません。
皿ヶ嶺頂上

《コースタイム》
 松山 8:00⇒風穴 9:50⇒竜神平 11:30⇒皿ヶ嶺 12:10(休憩~12:30)⇒十字峠
 ⇒竜神平⇒風穴13:35(下山後ぜんざいを食べる)⇒コンパス
《メ   モ》
 珍しく朝の遅いスタート。
 先日からの冷え込みで、今朝の気温は氷点下だ。道路の水溜りは
ことごとく凍っている。
 上林からは風景が一転、雪景色となった。松山とは大違いだ。
慎重に車を運転し、無事風穴到着。3連休最後の日がこんな好天に
恵まれたのは本当にラッキーだ。
風穴出発
風穴で支度を済ませ出発。
ほぼ無風の中、歩き始めると暑いくらい。汗が出てきた。
暑い
しばらく進んでから、服を脱ぐ。「ふう、涼しい~♪」
雪
登山道にはしっかりとレースが刻まれ、大変歩きやすい。
樹
新年第1回目例会は、大当たり!
上林峠方面へ
分岐からちょっと遠回りをしてみる。
竜神平
上林峠方面へ足を伸ばし、途中の分岐から竜神平に入っていく。
こちらの道はあまり歩いている人がいないようで
途中からトレースがパタッと消えてしまった。
竜神平へ
でも大丈夫。どんどん進んで竜神平到着。
迷路?
竜神平は一面真っ白。
どこをどう通るのやら…。
大変(^_^;)
適当に歩くとつぼ足の人はもう大変。
下手をすると足の付け根まで雪に埋まってしまう。
愛大小屋までのルートは本当に雪が深くて
歩くのに苦労した。
頂上へ
少し休んで頂上へ~。
こちらはとても歩きやすくトレースがしっかりついている。
難なく頂上到着。
標柱
頂上の標柱が上1/3を残して雪に埋まっていた。
頂上で軽く食事を取り、下山開始。
十字峠
帰りは十字峠経由で竜神平へ下り、再び元の道を通って帰った。
さぁ帰ろう!
下りはいつも早い。あっという間に下山完了。
車に戻り、ぜんざいを作り、みんなでいただく。
今年も1年、安全で楽しい山歩きができますように~

2006.01.09(Mon) | 愛媛県の山 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/35-faa24a99
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。