FC2ブログ
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

2011年12月18日(日) 梶ヶ森

★2011年12月18日(日) 梶ヶ森 参加者…19名 天気…まずまずかな?
CIMG4480 (640x480)
2011年、今年の例会も大きなトラブルもなく、みな、無事に山を楽しむことができました。
「行ってきま~す」と出かけて、「ただいま~」と笑顔で家に帰ること!!
ごくごく当たり前なことだけど、そうして元気に変えることを一番大切に考えて1年間、
山登りをしてきました。
おかげさまで、どうにか無事に今年も納山会にこぎつけることができ、充実感でいっぱいです。
そんな1年の締めくくりにぴったりの山、梶ヶ森へ行ってきました。
頂上まで車で気軽に登れる山、と言うイメージの強い山ですが、
なかなかどうして、歩いて登る人が少ないのか、思った以上に手ごわい納山会となりました。

今回のレポートも三好正義さんです。
《コースタイム》
コンパス5:30⇒豊永駅8:20⇒豊永登山口8:30⇒佐賀山⇒龍王の滝11:00⇒上福寺奥の院11:20
⇒梶ヶ森12:45(昼食休憩~13:30)⇒仙促分岐14:20⇒東庵谷集会所⇒大田口駅16:00⇒コンパス

歩行距離 約12km 累積標高差 1300m

《メ  モ》
360度の展望が開ける初冬の梶ヶ森登山

数日前から寒波襲来!山はすでに白くなっています。
今年最後の例会は、360度の展望抜群な初冬の梶ヶ森へ。
途中にある日本の滝百選の龍王の滝も見逃せません。
コンパス出発5:30,
8:00に豊永駅に到着し、支度して,
8:20に、駅前スタートです。
川を渡り、登山口に向かいます。
CIMG4367 (640x480)
家の壁に、「県立自然公園 梶ヶ森 ここから登ります 頂上まで6.7k」と書いてあり、こ
の右手の斜面が登山道のようです。
登山道は集落の中を抜けていきます。
CIMG4368 (640x480)
登山道の脇には霜で真っ白になっています。
少し上がるともう先ほど渡った橋が下の方に見えています。
道の下には茶畑が広がっています。
集落の中の家の前や、畑のそばをぐんぐんと登って行きます。
植林帯の中を少し登ると再び集落の繰り返しです。
CIMG4375 (640x480)
9:30、生活道路から山に向かって入る登山道に入ってきました。
斜面は雪道になってきました。
対岸の山にも集落があり、相当上の方まで家があります。
集落の横を通ったり、暗い植林帯の中を入って行きます。
森の中に
CIMG4383 (640x480)
「大自然は教師なり」という看板がありました。
CIMG4384 (640x480)
林道に出てきました。
すぐ前に「梶ヶ森登山口」の道標があります。
「豊永駅へ3.5km」という標識がありました。
約半分登ってきたようです。
CIMG4389 (640x480)
林道を上がって行きます。
CIMG4405 (640x480)
10:40、龍王の滝の駐車場に着きました。
案内図を見ながら、今から行くルートを確認しています。
龍王の滝の横を通り、ゴロゴロ八丁を登って行くようです。
10:50再出発です。
龍王の滝まで500m、10分の道のりで、山頂までは2410mです。
本格的な雪道になってきました。
CIMG4415 (640x480)
11:00、龍王の滝に到着しました。これはすごい滝です。
滝から上の登山道に登って行く石段がありました。
両側が沢になった間の斜面を登って行きます。
急な石段の上に建物が見えています。
「定福寺奥の院」です。
建物には、「仏岳山遍照院」と書いてあります。
現在の気温は-2度、立ち止まっていると寒いです。
CIMG4433 (640x480)
再出発と同時にゴロゴロ八丁を登ります。
足元が、名前の通りゴロゴロしている不安定な急坂で、油断していると危ないです。
前方に大きな岩が見えてきました。
岩の裂け目に向かっているようです。
CIMG4440 (640x480)
あれは何だ!岩の中に建物の一部らしいものが見えている。
「弘法大師御影堂」かな?
岩の裂け目?岩の間に入っている梯子段が奥の方に見えている。
岩の間を抜けるとゴロゴロ八丁は終わりです。
CIMG4455 (640x480)
木に付いた雪のトンネルをくぐって行くと、
CIMG4456 (640x480)
「山荘梶ヶ森」に到着です。
CIMG4462 (640x480)
舗装された林道に出てきました。
さらに進むと、
CIMG4465 (640x480)
「梶ヶ森の霊水 土佐名水40選」と言う標識があり、車道から離れてこの道に入って行きます。
梶ヶ森名水まで下り、登り返すと水場もある広~いキャンプ場です。
天狗の鼻の切り立った崖が見えています。
本当に遠くの山が綺麗です。
CIMG4478 (640x480)
なかなかきつい階段を登りきると、やっと梶ヶ森の頂上(1399.6m)に到着しました。
一等三角点がありました。梶ヶ森頂上の碑もありました。
CIMG4479 (640x480)
12:45に到着です。
凄~い!360度の眺望が開けています。太平洋も見えています。
CIMG4483 (640x480)
帰り道は鉄塔の下を回り込んでいきます。
「至大田口」との標識がありました。
ここから登山道を下って行きます。
真下に見える集落に向かって自然林や植林帯の中をどんどん下って行きます。
14:20、大きな岩が見えてきました。仙促分岐にある大岩です。
植林帯や自然林、そして、やっと下に下りてきました。
鉄橋が見えています。
CIMG4523 (640x480)
踏切を渡れば大田口駅はもうすぐそこです。
CIMG4524 (640x480)
やっとコンパスの車が見えてきました
お疲れ様でした。
今年最後のコンパス山行だから納山会で、今回は特別にぜんざい付きです。
ぜんざいとお茶を美味しくいただきました。
CIMG4526 (640x480)
振り返ると頂上に電波塔のある山、梶ヶ森が良く見えています。
お疲れ様と見送っているようです。
天気が良かった今回の梶ヶ森の山行、とっても楽しかった。











2011.12.22(Thu) | 2011年1月~12月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/328-033dc359
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン