現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2011年4月26日(火) 寂地山(山口県・徳山市)

★2011年4月26日(火) 寂地山 参加者…14名 天気…のち
110426寂地山 075 (640x480)
GW直前の火曜日、しまなみ海道を渡り、
カタクリの花で有名な山口県岩国市の寂地山(じゃくちさん)へ行ってきました。
《コースタイム》
コンパス5:00⇒しまなみ海道⇒中国道・吉和IC⇒寂地峡駐車場9:30⇒五竜ノ滝⇒木馬トンネル9:55
⇒タイコ谷出合11:10⇒ミノコシ峠11:55(昼食休憩~12:30)⇒寂地山13:45⇒林道終点・寂地山登山口15:25
⇒犬戻遊歩道入口⇒寂地峡駐車場16:40⇒中国道・吉和IC⇒しまなみ海道⇒コンパス
《メ    モ》
日本の名水・名瀑百選に選ばれている寂地峡。
ここは春・カタクリの花で有名な場所(らしい…はじめて知ったわたし(^^ゞ)
松山からはるばる海を渡り、山口県岩国市への日帰り山旅。
110426寂地山 001 (640x480)
平日の登山口に車は数台。
静かな登山口。
110426寂地山 002 (640x480)
出発前にまずはお決まりの記念写真をパチリ!!
110426寂地山 003 (640x480)
五竜の滝を通るBコースへ向けて歩き始めたわたしたち…
でもなんだかあまりにも林道歩きが長すぎる???
ありゃりゃ、すっかり行きすぎたみたい(^_^;)
110426寂地山 005 (640x480)
後戻りしてやっと正規のBコース入口へ。
まっ、たまには間違いもあるよねぇ~(^^ゞ
110426寂地山 007 (640x480)
木馬(きうま)トンネルまで次々現れる五竜の滝を楽しみながら上る
このコース。
さすがきれいによく整備されている。
110426寂地山 011 (640x480)
竜尾の滝に始まり、登竜の滝や
110426寂地山 013 (480x640)
白竜の滝、そして竜門の滝。
110426寂地山 023 (480x640)
竜頭の滝と5つの竜の名前を持つ滝が連続する様は
雪解け水も手伝ってか水量が多くなかなかの迫力。
110426寂地山 027 (640x480)
手摺のある石段の道を上り詰めると
110426寂地山 030 (640x480)
木馬トンネル入り口到着。
木馬トンネルは木材を運搬するために、手だけで掘ったトンネルであるらしい。
最低高さ部が1.6m。」
頭をぶつけないよう真っ暗なトンネルを注意深く歩いて進み、、
110426寂地山 031 (640x480)
トンネルを抜けると、そこには眩しい緑の世界が広がっていた。
110426寂地山 035 (640x480)
新緑のグリーンに彩られた爽やかな渓谷沿いのなだらかな道を進んでいく。
110426寂地山 046 (640x480)
暑くもなく寒くもなく登山には最適な気候。
110426寂地山 049 (640x480)
名前は知らないけれど、ランの一種だろうか、可憐な花が咲いていた。
110426寂地山 050 (640x480)
本当によく整備された登山道で快適そのもの。
110426寂地山 058 (640x480)
ミヤマカタバミの白い清楚な花。
110426寂地山 060 (640x480)
タイコ谷出合で小休止。
ここからミノコシ峠まではまだしばらくかかりそう。
寂地山とは本当に奥深い山のようだ。
歩いても歩いてもなかなかゴールが見えてこない。
110426寂地山 061 (640x480)
顔を出したばかりのヤブレガサが初々しくて思わずパチリ。
110426寂地山 067 (640x480)
もうすぐ尾根が見えそうなのに、なかなかたどりつかず
おなかがすいたし、疲れも感じ始めてきたころ、
110426寂地山 069 (640x480)
やっとミノコシ峠到着。
頂上まではしばらくあるし、ちょうどお昼ごろになったので
ここでお昼休憩とする。
110426寂地山 070 (640x480)
このミノコシ峠からがカタクリの花の道となる。
でも残念、雪があって寒いこの春、
やっと出合ったカタクリの花はどれもまだツボミの状態。
やっぱりちょっと早かったみたい。
110426寂地山 074 (640x480)
そんなちょっとがっかりな気分をカタクリの花捜索隊が
お昼ご飯終了後、1輪見つけてきてくれた。
やったぁ、出合えた♪
いつ見ても、どこで見てもカタクリの花の愛らしさは変わらない。
よかったよかった。
110426寂地山 080 (640x480)
休憩終了後、ところどころまだ雪の残る登山道を寂地山へ向けて歩く。
途中期待しながら歩いて行くと、あるある。
一輪、また一輪とポツリポツリではあるがカタクリの花を発見。
次の日曜日あたりはこの辺一帯がカタクリの花で埋められるだろうな。
つぼみはいっぱい。
でもこうやって数少ないカタクリの花に出合えることのほうが
なんか得した気分になるのはなんでだろ?
110426寂地山 083 (640x480)
まだ雪の上を歩けることに無邪気に喜びつつ歩いて行く。
110426寂地山 086 (640x480)
そしてやっと寂地山山頂到着。
見晴らしはないものの広々とした山頂は気持ちよい。
110426寂地山 090 (640x480)
すこし休憩し、下山開始。
110426寂地山 092 (640x480)
いったん分岐まで戻り林道方面へ下山。
110426寂地山 095 (640x480)
下り始めは雪道。
ちょっと湿り気は多いものの、やっぱり雪のある道は足に優しい。
滑ることを楽しみながら、快適に下る。
110426寂地山 098 (640x480)
雪が消えてもよく整備された道で歩きやすいことこの上なし!!
110426寂地山 100 (640x480)
そこにいるだけで清々しい気分になれる雑木林でひと休み。
110426寂地山 102 (640x480)
頑張って下ってやっと林道終点まで降りてきた。
110426寂地山 104 (640x480)
ここからしばらく林道を歩き、途中から犬戻遊歩道へ入る。
犬戻の滝をまじかで見られるこの遊歩道。
歩いてよかった。
ちなみになんで『犬戻の滝』って命名されたのか…
犬がここまで登ってきても、この滝は険しくて登ることが不可能で
戻るしかないくらいの滝だから、らしい。
うん、たしかにこの3段の滝は美しいけれど迫力のある険しそうな滝だ。
110426寂地山 107 (640x480)
遊歩道から再び林道に戻り、しばらく歩き、
朝出発した駐車場へ戻ってきた。
約7時間、28000歩の寂地山散歩終了。
大きな懐を持った寂地山で歩きごたえがあったが、
できればまたゆっくりと歩きに来てみたいと
久々思えるいい山だった。

2011.04.29(Fri) | 2011年4月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/308-7ea8f111
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。