現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2011年4月10日(日) 黒笠山

★2011年4月10日(日) 黒笠山 参加者…10名 天気…
黒笠山さん、ごめんなさい…
110410黒笠山 077 (640x480)
2011年度がスタートしました。
一万尺クラブが誕生して、干支がひと回り。
今年度も無事に楽しく山行ができますように~

…で、なんで、いきなり「ごめんなさい」なの?

黒笠山…以前にも例会で1度行ったことがある山!!
なのに、覚えているのは林道のどん詰まりにある登山口と鎖場のある頂上直下の岩場、
そして超狭い頂上の3ヶ所のみだったこと(^_^;)
四国のマッターホルン、と言われる山なのに…
ごめんなさい。。
でも2回目の今回は、いいお天気と360度のパノラマ風景のご褒美で
インパクト大!!
しっかり記憶に残る2011年度スタートの例会となりました。
《コースタイム》
コンパス5:30⇒登山口9:00⇒鳥居9:35⇒黒笠神社11:45(お昼ご飯~12:15)⇒尾根12:30
⇒矢筈山分岐12:45⇒黒笠山13:05⇒矢筈山分岐⇒尾根⇒黒笠神社13:50(~14:20)⇒鳥居⇒登山口16:05⇒コンパス
《メ    モ》
徳島の山へのアプローチは半端でなく時間がかかる。
今日もまた然り、朝5時半に松山を出発し
登山口で記念に1枚写真を撮るのは、
朝のスタートから実に3時間半経過後の9時。
110410黒笠山 002 (640x480)
ぶつぶつ文句を言っても仕方ない。
準備を済ませて登山口出発。
110410黒笠山 005 (640x480)
そうそうこの風景、林道のどん詰まりの駐車スペース、
石の階段、覚えてる!
無人のような民家の横を通り、登山道へ入って行く。
110410黒笠山 008 (640x480)
まず最初に出迎えてくれたのはミツマタの花。
110410黒笠山 009 (640x480)
沢にかかる鉄橋を渡る。
110410黒笠山 011 (640x480)
その鉄橋の手前にはうつむき加減に咲く清楚なアワコバイモの花。
110410黒笠山 012 (640x480)
沢の横からいよいよ本格的な上りが始まる。
結構上り坂、きついんだなぁ。
110410黒笠山 014 (640x480)
予想コースタイム通りに鳥居到着。
みんなまだまだ余裕の笑顔(^-^)
110410黒笠山 018 (640x480)
鳥居を過ぎ、しばらく行くと植林帯から雑木林へと変わり
うっそうとした暗さから日の差し込む明るい登山道になった。
110410黒笠山 050 (640x480)
今年の冬は雪が多かったからか、だんだん雪も見えてきた。
吹く風も心なしかひんやりしてきたよう。。
110410黒笠山 056 (640x480)
今年の例会もしっかり気を引き締めて行けよ、と言われるかのように
延々と続くに急登に息があがる。
もういい加減疲れたよぉ…
と思い始めたころ、やっと黒笠神社に到着。

もし…黒笠神社が氏神様だったら、事あるごとに氏子はここまで
登ってこなくっちゃいけないのかなぁ???
つくづく、ここが氏神様じゃなくってよかった、と心底思った(*^_^*)
110410黒笠山 057 (640x480)
ここで検討開始!
昼ご飯は頂上、というのが通例だが
時間とか全員の疲労度とかを考えて、すこし早目だがとりあえず昼ごはんを食べてから
頂上へ向かうことに決定!!
110410黒笠山 058 (640x480)
腹ごしらえ&ちょっと休憩で元気回復。
不要な荷物をデポして、頂上へ向かう。
110410黒笠山 062 (640x480)
距離は短いとはいえ今まで以上な急登。
雪の見え隠れする登山道をゆっくりゆっくり進む。
110410黒笠山 063 (640x480)
矢筈山分岐点を過ぎ、
110410黒笠山 067 (480x640)
木の根をつかみ、四苦八苦。
110410黒笠山 072 (640x480)
四国で1番のピラミダルな山を象徴する
頂上直下の岩場を、鎖を頼りによじ登り、
110410黒笠山 076 (640x480)
みんな元気に頂上到着!!
今日の決めのポーズは、ピラミダルを意識して
鋭角とんがり山のポーズ!(^^)!
360度のパノラマ風景にテンション高し~♪
しかし、まじで狭い山頂だ。
110410黒笠山 080 (640x480)
登ったら降りる。
当然だけど、上るより、下るほうが難しい。
3点確保を基本に、安全第一、緊張感を持って慎重に岩場を下る。
110410黒笠山 091 (640x480)
一番の難所を過ぎ、ランラン♪下り道。
穏やかなお天気、いい眺め。
気分は↑↑↑
110410黒笠山 099 (640x480)
神社へ戻りコーヒーでひと休み。
デポしておいた荷物をザックに収め下山開始。
110410黒笠山 107 (640x480)
春の息吹は感じつつ、ガレ場が続き不安定な足元の登山道を慎重に進む。
結構これが疲れるんだよなぁ。。
110410黒笠山 114 (640x480)
やっと鳥居まで戻ってきた。
登山口まであと少し、最後の休憩は
不完全な獅子脅しの周りでの井戸端会議?
水がいっぱい筒にたまったら竹筒が動いてコーンといい音に響いてほしいのに
角度が悪いのか音がしない。
どうにも納得いかなくて、いろいろいじってみたけど
徒労に終わった。。(無駄なことにも頑張るのが一万尺クラブのいいところ?)
110410黒笠山 115 (640x480)
新年度第1回目の例会は、ひたすら上りひたすら下る、
結構ハードな山行だったが
いいお天気と360度のパノラマで、最高によいスタートになった。
黒笠山さん、ありがとう!(^^)!


2011.04.12(Tue) | 2011年4月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/303-1e8b56b2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。