現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

2010年10月9日(金)~11日(月) 南八ヶ岳

★2010年10月9日(金)~11日(月) 南八ヶ岳 参加者…8名 
  天気まぁまぁ良かった
昨年秋の北八ヶ岳に続いて、今年は秋の南八ヶ岳を歩いてきました。
10秋南八ヶ岳 100 (640x480)
《コースタイム》
8日 コンパス発 21:00 ⇒ 松山道⇒(車中泊)
9日 ⇒中央道・諏訪IC6:00⇒美濃戸⇒南沢入口7:20⇒白河原⇒行者小屋9:40(宿泊)
10日 行者小屋6:50⇒文三郎道⇒赤岳8:50⇒地蔵ノ頭9:50⇒横岳11:00⇒硫黄岳12:40
⇒夏沢峠13:25⇒根石岳14:20⇒箕冠岳⇒オーレン小屋15:10(宿泊)
11日 オーレン小屋6:20⇒夏沢鉱泉6:50⇒桜平(下山)7:10⇒タクシー7:30⇒美濃戸口
⇒中央道・蓼科IC⇒松山道⇒コンパス20:00
《メ    モ》
8日(金)21:00コンパスを出発。
雨降る高速を八ヶ岳へ夜行で走ります。
9日(土)早朝、諏訪南ICをおり、美濃戸口経由で行きます。
10秋南八ヶ岳 001 (640x480)
車を赤岳山荘まで乗り入れる。
時折雨もパラつきます。
10秋南八ヶ岳 003 (640x480)
美濃戸山荘前、まずは行者小屋へ向け出発!!
10秋南八ヶ岳 006 (640x480)
南沢を進みます。
10秋南八ヶ岳 016 (640x480)
9:40行者小屋到着。「「小屋に着く頃から雨脚が強くなってきた。
おまけに風も強く、視界も悪いので、予定していた阿弥陀岳への登頂は断念。
行者小屋にて沈殿。
10秋南八ヶ岳 022 (640x480)
10日(日)
夜中降っていた雨もほぼ止み、ガスもだんだん切れて主稜線が見えてきた!!
昨日のうっぷんを晴らすべく、みな気合い十分。
いざ、出発。
10秋南八ヶ岳 025 (640x480)
ガスの中、文三郎道を進みます。
10秋南八ヶ岳 028 (640x480)
どんどん高度を稼ぎ、行者小屋をみおろせます。
10秋南八ヶ岳 042 (640x480)
赤岳頂上直下の岩場。
落石・浮石に気をつけて慎重に進みます。
10秋南八ヶ岳 045 (640x480)
行者小屋出発からジャスト2時間!!
2899mの赤岳頂上に到着です。
まだガスは晴れず、ナイスビュー!とはまだいかない。。
10秋南八ヶ岳 047 (640x480)
さて、赤岳を出発、と思ったら光が差してきた。
天候回復の兆しに皆の顔も明るく…
10秋南八ヶ岳 051 (640x480)
岩場簿下りは超慎重に!!
10秋南八ヶ岳 057 (640x480)
地蔵ノ頭。
う~~~ん、まだガスは晴れない。
10秋南八ヶ岳 059 (640x480)
地蔵ノ頭から横岳を越えるまでは、ハシゴと鎖場が続きます。
10秋南八ヶ岳 066 (640x480)
ガスで濡れた岩場はスリップ注意。
10秋南八ヶ岳 071 (640x480)
三叉峰通過。
10秋南八ヶ岳 072 (640x480)
横岳(奥の院)到着。
10秋南八ヶ岳 075 (640x480)
鎖場は続きます。
稜線の西側、
10秋南八ヶ岳 080 (640x480)
東側と、一歩一歩確実に!!
10秋南八ヶ岳 081 (640x480)
市国の山でも多い鹿、食害はここも例外ではないようだ。
10秋南八ヶ岳 086 (640x480)
硫黄岳山荘に到着するころ、ようやく視界も開けてきた。
10秋南八ヶ岳 095 (640x480)
硫黄岳山荘前にてランチタイム♪
10秋南八ヶ岳 097 (640x480)
青空が見えた!!
腹ごしらえも終わり、硫黄岳へ向けて出発。
10秋南八ヶ岳 098 (640x480)
ガスがようやく切れ、大同心から主峰赤岳、阿弥陀岳まで見渡せる天気に…♪
10秋南八ヶ岳 109 (640x480)
ナイスビュー!!
10秋南八ヶ岳 112 (640x480)
硫黄岳到着です。
火山らしいピークです。
10秋南八ヶ岳 115 (640x480)
爆裂火口から本沢温泉を見下ろします。
紅葉もグッド(^-^)v
10秋南八ヶ岳 121 (640x480)
縦走最後のピーク、根石岳に向かいます。
眼下には本日の宿、オーレン小屋が見えます。
10秋南八ヶ岳 131 (640x480)
夏沢峠。夏沢小屋はお休みのようです。
10秋南八ヶ岳 133 (640x480)
分岐点にザックをデポして、根石山荘前を通過して根石岳へ向かいます。
10秋南八ヶ岳 135 (640x480)
縦走最後のピーク、根石岳2603m。
10秋南八ヶ岳 140 (640x480)
さて、オーレン小屋へ向かいます。
根石山荘は改築工事中。
10秋南八ヶ岳 143 (640x480)
縦走を無事に終え、標高2330mのオーレン小屋に到着。
連休なので宿泊者もまぁまぁ多い。
10秋南八ヶ岳 151 (640x480)
ヒノキ展望ふろ『オーレン山の湯』に浸かった後、
夕食は郷土料理の桜鍋を楽しみます。
(桜鍋は馬肉のすき焼きです)
10秋南八ヶ岳 153 (640x480)
11日(月)
旅の最終日、天気もすっきりで、下山するのがもったいないが
オーレン小屋を出発。
10秋南八ヶ岳 155 (640x480)
下山口の桜平まで気持ちの良い道が続きます。
10秋南八ヶ岳 161 (640x480)
夏沢鉱泉
10秋南八ヶ岳 162 (640x480)
鉱泉前からは穂高連峰がよく見えます。
10秋南八ヶ岳 168 (640x480)
南八ヶ岳の紅葉もきれいです。
10秋南八ヶ岳 170 (640x480)
桜平到着。
お疲れ様でした。
桜平よりタクシーにて美濃戸口へ戻る。
昼前には中央道に乗り帰路につく。
渋滞することもなく約8時間ほどで松山到着。

多少天気に翻弄されたが、予定通りの縦走も無事こなせ、
秋の南八ヶ岳を楽しめたと思います。
みなさん、お疲れさまでした。


2010.10.14(Thu) | 2010年10月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/290-c78b7b0d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン