現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

2010年8月17日(火) 手箱山

★2010年8月17日(火) 手箱山 参加者…10名 天気…だけど涼しい
100817 075 (640x480)
お盆明け、汗だくになる暑さを覚悟して、手箱山へ~
結果…下界は相変わらずの猛暑にもかかわらず、山は快適♪
静かで涼しい山歩きとなりました。
《コースタイム》
コンパス6:30⇒土小屋登山口9:10⇒丸滝小屋10:00⇒手箱越11:05⇒手箱山12:00(休憩~12:50)
⇒手箱越13:30⇒筒上山14:05⇒丸滝小屋⇒登山口16:00⇒コンパス
《メ    モ》
猛暑の続く夏休み(子どもたちは…ですが)、暑さ覚悟の山歩き。
少しでも、涼しく感じられるよう、木陰の多い手箱山へGO!!
朝の出発時間はいつもよりややゆっくり。
お盆明けの火曜日、平日とあってか土小屋に着いても駐車場の車は少なめ。
100817 040 (640x480)
支度を済ませ登山口出発。 
ゆっくり歩いて丸滝小屋まで。
100817 043 (640x480)
暑いのは間違いないが、覚悟してきた暑さとは違う。
さすがに標高1500mくらいでは、暑さも下界とは違うのかな?
100817 044 (640x480)
丸滝小屋で1回目の休憩。
歩いている間は気にならなかったのに、
休みだしたとたん、うわぁっとたかってくるブヨには辟易(-_-メ)
ブヨに追われるように、出発。
手箱越へ向かう。
100817 047 (640x480)
アップダウンのほとんどない静かで歩きやすい登山道。
木漏れ日が差し込む程度で、暑さはほどほど。
時折吹いてくる風が心地よく、猛暑日続きの下界のことは
すっかり忘れて、足取りも自然と軽くなる。
100817 048 (640x480)
しばらく行くと今回のコース唯一の急登が始まる。
しかし、ここには規模は小さいけれど 
『キレンゲショウマ』の群生地がある。
咲いていればいいなぁ…
100817 049 (640x480)
ありました。
100817 051 (640x480)
まだまだつぼみが多い中、きれいに咲いたキレンゲショウマ。
急登の息切れなんて、あっという間に忘れて夢中でカメラのシャッターを切る。
100817 050 (640x480)
満開はもう少し先かな?
期待度が低かった分、テンションは一気に上がり、
100817 059 (640x480)
そのまんまの勢いで手箱越へ。
手箱越の道場も何やら今までと雰囲気が違う。
なんでだろう?
道場のぐるりをしっかり守っていた囲いが小さくなっていた。
そのおかげで、展望が開け、今まで見ることのできなかった景色に出会うことができた。
ラッキー(^-^)V
100817 062 (640x480)
手箱越で少し休憩し、出発。
手箱山までは、ほとんどアップダウンのないトラバース道。
100817 065 (640x480)
快適な尾根道歩きのご褒美は見事な風景。
思わず足を止めて景色を堪能。
思ったより長い尾根道歩きもじき終わり、手箱山到着。
100817 070 (640x480)
私たち10人で独り占め(10人占め?)
寄ってくる大きなアブを追い払いながら、
でもゆっくり昼食休憩。
100817 072 (640x480)
木陰でのんびりしたあと、下山開始。
100817 076 (640x480)
帰りもまた景色最高!!
手箱越で、せっかくだから、と二手に分かれ、
100817 081 (640x480)
そのまま来た道を下山するチーム4人、
100817 080 (640x480)
残りは筒上山へ向かう。
下山チームはのんびりてくてく、回り道チームより約30分早く下山。
100817 085 (640x480)
筒上山チームは鎖場をクリアし、
100817 093 (640x480)
頂上から尾根道を下る。
100817 097 (640x480)
自然林たっぷりの尾根道歩きの下りは結構悪戦苦闘。
長く険しいうえに笹が生い茂り歩きにくいことこの上なし。
足元が見えなくて冷や汗タラリ。
下山はトラバース道歩きチームがゆっくり休憩しているころ。
お疲れ様でした。
さすがに土小屋まで下りてくると、なんとなく空気が変わった感じ。
下界はもっともっと暑いんだろうな。
思いがけない涼しい山歩きを満喫できた今日一日はほんとにラッキーだった。

2010.08.18(Wed) | 2010年8月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/285-a63f4b23
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン