現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

2009年12月6日(日) 八巻山

★2009年12月6日(日) 八巻山 参加者…11名 天気…時々山は
寒い寒い日曜日。
「うわぁ、きれいぃ~♪」
「うわぁぁ、かわいいぃぃぃ~♪♪」
降雪と氷と霧氷に迎えられて大興奮!!
091206八巻山 045_SP0000
以前、西赤石山~東赤石山の縦走をしました。
石室越分岐から赤石小屋に下って、八巻山へ行ったのですが
その分岐の標識に『→赤石山荘』『→悪路』とありました。
わたしたちが行ったのは赤石山荘方面。
そこで今回はその『悪路』を辿ってみようと勇んで行ってきました。
《コースタイム》
コンパス5:00⇒筏津登山口7:45⇒瀬場谷分岐8:40⇒第一渡渉点9:40⇒第二渡渉点10:20
⇒赤石山荘11:00(昼食~11:50)⇒石室越⇒八巻山13:10⇒赤石越13:50⇒瀬場谷15:40
⇒筏津登山口16:40⇒コンパス
《メ    モ》
朝5時。まだまだ外は真っ暗、夜みたい。 
眠い目をこすりながら集合、コンパスを出発。
091206八巻山 001_SP0000
7時過ぎに筏津到着。
念入りにストレッチをし、寒い中、筏津登山口を出発。
瀬場谷分岐まで約1時間。
半分ほど過ぎてやっと体が温もり、上着を一枚脱皮。
091206八巻山 010_SP0000
瀬場谷分岐で一休み。
橋を渡って、赤石山荘へ向かう。
091206八巻山 013_SP0000
ここからしばらくはうんざりするような上り坂。
じぐざぐじぐざぐ…
もういいってぇ~(・_・;)
091206八巻山 020_SP0000
いい加減うんざりした頃、やっと第一渡渉点到着。
夏場の登山ではとてもありがたい水場だが(頭や足を直接冷却するのだ!!)
今日は休むだけ。
091206八巻山 022_SP0000
一休みしてまた歩きだす。
091206八巻山 027_SP0000
沢沿いの道はいつ通っても気持ち良い。
流れる水の音に癒されながら進んでいくと、ところどころに雪が出現。
水が流れる場所はうっすら氷も張っている。
091206八巻山 030_SP0000
第二渡渉点を過ぎて歩いていると何やらちらちら落ちてくる。
ゴミ?
違った。雪だった。
小さな小さな雪が舞い落ちてきている。
いよいよ山も本格的に冬に突入したんだなぁ。
091206八巻山 036_SP0000
前方に見える八巻山のほうは雪雲がかかっている。
結構降っているようだ。
091206八巻山 038_SP0000
誰もいない静かな赤石山荘の前でちょっと早いけど昼食タイム。
風をよけ、さっさと食事をすませる。
とにかくじっとしているとどんどん寒くなってくる。
早く歩こうよ!!
091206八巻山 040_SP0000
石室越に向かって歩き始めてすぐに、素晴らしい景色が出迎えてくれた。
霧氷がきれいについている。
「わたし、初めて霧氷を見ました♪」
初霧氷に感激の声が上がる。
091206八巻山 044_SP0000
石室越分岐からまっすぐ行けば西赤石山。
そこを右に、『⇒悪路』へ。
いきなり現れた岩場にもうわくわく。
091206八巻山 048_SP0000
寒いし、岩場続きで緊張するけど、とにかく楽しい。
おまけに霧氷がきれい。
091206八巻山 055_SP0000
初霧氷のYちゃん、口にガムテープを張ってあげたいくらい
大興奮。
「かわいい」「きれい」「かわいい」「きれい」・・・・・・・・・・
黄色い歓声がひっきりなしに聞こえてくる。
そんなにうれしいのかぁ。。(苦笑)
091206八巻山 056_SP0000
どこを歩けばいいのかわからないような険しい岩場も難なくクリア。
091206八巻山 057_SP0000
上りがあれば、下りもあるさ。
岩場歩きはバランス感覚が物を言う?
091206八巻山 061_SP0000
たくさん歩いてたくさん興奮して、見覚えのある大岩発見。
赤石山荘から直登してくる道と合流だ。
091206八巻山 064_SP0000
これでもか、と言うくらい、真っ白な霧氷の中をぐいぐい上る。
091206八巻山 066_SP0000
あっけなく八巻山に到着。
なぜだかみんなで『サル』のポーズ。
みんないいノリだねぇ。
091206八巻山 068_SP0000
赤石越までまだまだ岩場は続く。
091206八巻山 071_SP0000
方向性さえ間違えなければいいのだけれど、
いったいどこが道?
091206八巻山 074_SP0000
いつ来ても四国とは思えないこの景色。
この迫力。すごいなぁ。
091206八巻山 078_SP0000
足を思いっ切りのばして岩を乗り越え
091206八巻山 082_SP0000
赤石山荘との分岐に帰ってきた。
091206八巻山 083_SP0000
ドキドキわくわくはここまで。
ここからはうんざりするような長い長いジグザグ道の下り坂。
疲れも出てきたことだし、けがをしたらたいへん。
気をつけておりましょう。
091206八巻山 093_SP0000
瀬場谷分岐の橋を渡り、あとひと頑張り。
やっと筏津登山口に帰ってきた。
万歩計の数字は3万歩を超えていた。
よく歩いたもんだ。
『⇒悪路』はとても魅力的で素敵な道でした。





2009.12.09(Wed) | 2009年12月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/253-045845d6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン