現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

2009年1月13日(火) 丸笹山(剣山改め)

2009年1月13日(火) 丸笹山 参加者…10名 天気…時々
IMGP6410_SP0000.jpg
この銀世界はいったいどこ?
日本列島がすっぽり冷蔵庫に収まったかのような
週末からの天気で、四国の山も見事に雪化粧。
日曜日に引き続きまたしても急きょ行き先を変更、
剣山手前の丸笹山へ行ってきました。
《コースタイム》
コンパス5:00⇒夫婦池登山口9:25⇒丸笹山10:55⇒登山口11:50(休憩~12:50)⇒コンパス
《メ     モ》
美馬インターで高速を降り 貞光からR438を南下
剣山方面の山にかかる暗雲に一抹の不安が・・・
道中の道路上に早くも積雪あり。
剣山スキー場は閉鎖されているので、除雪はされていないだろう…?
この先いったいどのくらいの積雪になるのか…?
見ノ越まで行けなかったら…?
いくつもいくつも疑問符が頭にわいてくる。
えぇい、ままよ、と進行中…
F1000086.jpg
おぉっと、先頭を行くラッセル車…じゃなかった、ハイエースが停車。
何と前方に進路をふさぐ一本の倒木が…
これ以上前進は無理???
F1000088.jpg
ところがどっこい、一万尺クラブのメンバーはこんな事じゃへこたれない。
車から牽引ロープを出してきて、倒木に引っ掛けハイエースと綱引き!!
何回かの駆け引きの後、ハイエースに軍配が上がり、一件落着。
何事もなかったかのように再び前進。
山深く分け入るにつれて 道路の雪が深くなる
つづろ堂を過ぎ 七段ヘアピン・カーブにかかると
もう ラッセル車なみに雪をかきわけて走る
まだ行けるか まだ行けるでスキー場を通過。。
カモシカ
…と、この先で、思いがけず…
突然 ニホンカモシカに遭遇
『こんな大雪にどこ行くん』 訝しそうにこちらを見ていたが
やがて崖下へ 転げ落ちるように降って行った。
カモシカにもあったことだし、あまりにも雪が深いので帰りのことも考慮し
リーダーの判断で剣山を変更 丸笹山に登ることになった。
IMGP6388_SP0000.jpg
夫婦池登山口に車を停めて支度。
往復約2時間半くらいの行程だから、お気楽モード♪
雪山入門編、といったところかな?
IMGP6392_SP0000.jpg
しかしまぁ、雪の深いこと!!(足の長さは不問としておこう。。)
温暖な四国とは思えない。
IMGP6395_SP0000.jpg
登山口出発。
丸笹山初めてというメンバー多数。
剣山や塔ノ丸は行っても、ここ丸笹山はコースがお手軽すぎて
なんとなく素通りしてしまう場所。
なので初丸笹山、気持ちはわくわく♪
IMGP6397_SP0000.jpg
さらっさらの新雪、踏み跡のない登山道がとても新鮮。
IMGP6399_SP0000.jpg
樹林帯のなか 深い雪に足を取られながら登って行く
やがて空は曇り 小雪が舞いはじめる。
雪の重みでしなった枝が 次々と道を蔽っている。
くぐり損ねると 首筋に雪が落下! ヒェ~~つべたぁい\(゜ロ\)(/ロ゜)/
IMGP6404_SP0000.jpg
腰まで埋もれそうな雪に悪戦苦闘する場面も各所で展開されている。
IMGP6407_SP0000.jpg
樹林帯を抜けて 笹原に出ると雪は一段と深くなる。
IMGP6409_SP0000.jpg
吹き溜まりに足を突っ込むと 腰まで埋まってしまう。
これを脱出するのが また一苦労(・・;)
もう 笑うしかない(~_~メ)
IMGP6413_SP0000.jpg
思わず埋もれる雪に悪戦苦闘
一段と深い吹き溜まりを 溺れるようにもがいて渡ると
頂上は突然現れた。
すんなり頂上に立つはずだったが、かなり汗だく。
強風と雪の中、気温もマイナス10度以下か?
チョッとオーバー手袋を外していただけで
もう指先が痛くてたまらない
四方は真っ白、剣山の展望に期待していたが全く姿見えず。
IMGP6417_SP0000.jpg
長居は無用と、そそくさと下山開始。
少し空が明るくなってきた?
IMGP6418_SP0000.jpg
やっとこさ青空が顔をのぞかせ、景色が見えた。
あれは塔ノ丸?
IMGP6420_SP0000.jpg
下りは快調、飛ばして飛ばして、1時間かからずに下山。
冬期休業中のラ・フォーレつるぎの軒下を借りて
のんびり昼食休憩。
IMGP6421_SP0000.jpg
天気も良くなり、日差しも心地よく…♪
あぁ、楽しかった。さぁ帰ろう。

2009.01.15(Thu) | 2009年1月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/206-a94bc4dd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン