現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2008年11月23日(日) 天狗塚

★208年11月23日(日) 天狗塚 参加者…13名+2匹 天気…
IMGP6026.jpg
「えっ、うそぉ!?」
正直、雪がこんなに積もっているなんて、
まったく考えてもいませんでした。
本当にびっくりな雪景色。。
平地より一足早く、冬を間近で見てきました。
《コースタイム》
コンパス5:30⇒西山林道登山口10:00⇒第一ピーク⇒天狗峠11:40⇒天狗塚12:05(休憩~13:05)
⇒天狗峠13:25⇒登山口14:35⇒コンパス
《メ     モ》
11月中旬の冷え込みで、山は雪が降っていたらしい。
国道439号も除雪した雪がどっさり。
情報としては知っていたが、まさか、今日行く山に雪があるとは…(-_-;)
考えが甘かったことを深く反省した一日だった。
IMGP5991.jpg
登山口からすでに雪。
しかし風がないから、寒さはまったく感じない。
予想外の積雪に戸惑いながらも、まずは登山口を出発。
IMGP5992.jpg
歩き始めてすぐに急登が始まった。
このあたりはたいした積雪ではなく、解けた雪で
登山道がぬかるみ、べちょべちょ。
う~~~ん、歩きにくい。
IMGP5994.jpg
行けども行けども道は上り一辺倒。
雪=寒い?
とんでもない、暑くて汗が出る。
一枚余分に着てきた服を脱いで、ホッとひと息。
IMGP6003.jpg
一瞬、緩やかな道になり、やれやれと思うが、束の間。
IMGP6009.jpg
再び急登になるわ、雪は多くなるわ、本当に大変。
おまけに日陰では、足元の雪が凍っていて、滑る!!
こりゃ大変だぁ。。
足を滑らさないよう、慎重に歩かなければならなくて、緊張。
IMGP6012.jpg
しかしまぁ、この景色。
正真正銘の『冬景色』。
天狗塚はもとより、牛の背なんて、すごく雪が深そう。
上から降りてきた登山者が
「牛の背はほとんど歩いていなくてラッセルになりそうだったから
今日はやめて、天狗塚だけ行ってきました。」
と情報をくれた。
彼の足元を見れば、アイゼンを装着していた。
山を甘く見ていたつもりではないのだが、
わたしは今回スパッツもアイゼンも持ってきていない有様。
これはヤバいかも…Σ(゚д゚lll)
IMGP6014.jpg
天狗峠まで、滑りやすい急登の道を、息を切らせ上がって行く。
あと少し、ガンバレガンバレ!!
IMGP6018.jpg
曇りがちだった空は見事な青空に変わってきた。
見晴らしも抜群で、今日もまた石鎚山系丸見え♪
爽快な気分で、天狗峠に到着。
IMGP6020.jpg
登山口から天狗峠までの道のりのうち約8割が急登。
頑張って上ってきたごほうびが、このすばらしい青空と抜群の眺め。
見飽きない景色だ。
IMGP6022.jpg
天狗峠から天狗塚はもうそこだ。
あと少し頑張って歩けば、天狗塚のてっぺんでお昼ご飯。
IMGP6028.jpg
場所によっては笹がすっぽり雪に埋まって見えない。
一箇所、斜面のトラバースでは、やや緊張。
IMGP6033.jpg
下りきって、しばらく平坦な道をてくてく。
IMGP6035.jpg
さぁ、いよいよ最後の急登。
ここが一番の難所だろうなぁ。
短距離だけど、きついきつい。
IMGP6037.jpg
息を切らせながらやっと、天狗塚頂上に到着。
先客が5人、そこにわたしたち13人が立つと、頂上は満員御礼?
IMGP6040.jpg
どうにか三嶺をバックに記念写真をパチリ。
思ったほど寒くはないので、ここでゆっくりお昼休み。
最高の見晴らしをおかずに食べる昼ごはんは美味い♪
IMGP6043.jpg
ゆっくり休憩を済ませ、下山開始。
急な下り坂、みんなアイゼンを装着し、ガシガシ下りて行く。
(アイゼン、必携ですね^^;)
IMGP6045.jpg
急坂を下りきり、次は緩やかな上りで天狗峠まで。
IMGP6053.jpg
この辺りの積雪は50㎝位はありそう。
IMGP6057.jpg
天狗峠に戻り、あとはひたすら、登山口まで下るのみ。
IMGP6063.jpg
凍った箇所やぬかるんだ箇所にやや悪戦苦闘。
IMGP6064.jpg
しかし、怪我もなく、13人+2匹、元気に登山口に戻ってきた。

※11月、平地ではまだまだ気温も高く、雪なんて無縁だけれど
  山ではもう冬が来ているんだ!ということを今更ながら改めて感じた。
 自然を甘く見てはいけない、と痛感し反省した1日となった。

2008.11.26(Wed) | 2008年11月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/199-af84a1c6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。