現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

2008年9月9日(火) 堂ヶ森

★2008年9月9日(火) 堂ヶ森 参加者…11名 天気…これぞ日本晴れ?
IMGP5608.jpg
8月の石鎚山以来、久しぶりの例会は9月の爽やかな秋空の下、
スカッと晴れて気分爽快♪
堂ヶ森はすっかり秋模様でした。
今回のレポートは富永琢見さんです。
《コースタイム》
コンパス5:30⇒保井野登山口7:30⇒空池9:00⇒保井野分岐10:05⇒堂ヶ森10:50
⇒堂ヶ森小屋11:15(昼食休憩~12:50)⇒空池14:40⇒保井野登山口15:20⇒コンパス
《メ     モ》
堂ガ森   初秋、準平原の眺望を満喫、山上の芋炊きは格別
新車のコンパス号を駆って発つ。
白露が過ぎ、快晴は終日保障付きと言わんばかりの予報、
既に東温市辺りから堂ガ森の頂上が見通せる。
IMGP5591.jpg
保井野登山口の駐車場は舗装され、トイレもある。
高度は550メートルほどか、これより1100メートル余りを上げる。
IMGP5592.jpg
牧場跡の鉄柵と杉木立が続く斜面を登る。
人工林の道を抜けると広葉樹林帯になり、清々しい。
新緑めいた感さえする。
IMGP5595.jpg
ホトトギスが咲いている。
小さな斑紋がゆかしい。
道はジグザグとなり、傾斜が増してきた。
行程一つ目のポイント空池に着いた。
汗ばんだ体を休める。
IMGP5598.jpg
ここからほどなくしてシャクナゲ尾根である。
「しゃくなげ歩道」の標示どおり延々と群生が続く。
IMGP5602.jpg
道が厳しくなり、補助ロープがあったりする。
空池からほぼ1時間、
IMGP5604.jpg
トンネルを出たようにいきなり展望が開けた。
梅ヶ市への分岐である。
まさに快晴、見渡す限り陽光を浴びている。
皿ヶ嶺連峰東端に石墨山が三角の頭をちょこっと出している。
眼下の面河ダムは、水位が下がり痛々しい。
IMGP5607.jpg
山頂に向かう斜面の笹原は圧巻、登る苦しみが消え去ってしまう。
雄大なスロープにウラジロモミの深い緑が映え、見はるかす稜線が秋空にうねっている。
遠く明治期、「登山の気風を興作すべし」※としたのは志賀重昂、
こんな魅力の感得を促したのかもしれない。
IMGP5614.jpg
いよいよ頂上である。
IMGP5621.jpg
大展望の中に石鎚が聳(そび)えている。
頂上小屋もよく見える。
隣は西ノ冠、手前に鞍瀬ノ頭、そこに向かう縦走路が緩やかに筋を引いている。
人工物は反射板と三角点、近くにシコクフウロが夏の名残を留(とど)めている。
IMGP5618.jpg
集合写真の後、
IMGP5622.jpg
昼食を摂るため避難小屋へ下ることにした。
IMGP5624.jpg
リンドウが瑠璃色の花を開き、その道端を彩っている。
IMGP5627.jpg
新築されたばかりの小屋は、瀟洒(しょうしゃ)ながらがっちりした白木の造り、
煉瓦色の屋根がメルヘンチックだ。
敷地のテーブルや椅子を借りて早速昼食、いやその準備に入った。
IMGP5628.jpg
なんと「いもたき」である。
芋炊きは河原が相場、これほど高所の調理は想定外、
鍋に具が沸き立ち、香りが満ちわたる中、期待が否応なく高まる。
IMGP5629.jpg
長閑(のどか)で野趣溢れる昼食のメインディッシュは芋炊き、
各自のおにぎりやサンドイッチはすっかり主食の座を譲った。
それにしても頂くばかりでなんとも不甲斐ない。
企画をし、材料、道具を担ぎ上げた人たちの活力と体力に感激、そして感謝。
愛大山岳会の管轄になるこの避難小屋、
姿を無くした白石小屋とともに歴史があるようだ。
風呂跡が往時を偲(しの)ばせている。
風呂あれば水あり、すぐそばに水場があった。
山の水は実に重宝する。
IMGP5631.jpg
思いを残しながら下山に移った。
無事を喜び合いたい。     
 ※岩波文庫『日本風景論』p193

2008.09.12(Fri) | 2008年9月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/188-617f7c67
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン