現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2008年8月3日(日) 剣山~一ノ森

★2008年8月3日(日) 剣山~一ノ森 参加者…13名 天気…後やや
IMGP5308.jpg
知る人ぞ知る!
作家宮尾登美子著の『天涯の花』を読んだ人なら
誰もが知っている花…
キレンゲショウマの咲く時期到来!!

と言うわけで行ってきました、剣山へ~

今回のレポートは梶谷富一さんです。
《コースタイム》
コンパス5:30⇒見ノ越登山口9:30⇒西島10:20⇒刀掛10:40⇒剣山頂上ヒュッテ11:00⇒剣山頂上11:15(休憩~12:15)
⇒一ノ森手前行場分岐から行場へ12:55⇒行場⇒キレンゲショウマ観賞⇒刀掛14:10⇒西島14:45
⇒15:10見ノ越⇒帰路温泉(つるぎの宿岩戸荘)入浴\400⇒コンパス
《メ     モ》
「剣山、一の森登山」レポート
「キレンゲショウマは、、、、?」
「2,3日前に行った人が、蕾が沢山付いていた云々、、、」
これだけ聞いて「よし、キレンゲショウマとデートだ」即山行きを決めた。
剣山登山口の剣神社境内に宮尾登美子の小説「天涯の花」の記念碑があり、
厚いガラスでできた碑に「さわやかな月光の花は凛として気高い」という文と
「キレンゲショウマ」の画像が入っている。
一度実物の花を見てみたいという願望がわき、昨年挑戦したが、
硬い蕾で花の顔を見ることができず、捲土重来を期し待っていた。
本日つるぎ町の天気予報は、晴れ、気温25 °から35 °風向東北東、風速3。
少々暑いが絶好の登山日和。
(くそ暑いのに何で山へ、、、、、影の声は重々承知。こんな人の寄り集まりがメンバーです)
1 ニューコンパス号デビュー
トヨタハイエース10人乗り、CL運転で颯爽と待合場所の川内IC登場。
高速を美馬ICに向かう。
車列トップはニューコンパス号。
アウトランダーが追随。
慣らし運転中のニューコンパス号は慎重です。
車中は和やか。
話題はペットのウン&シー一頻り。
次は山行きプランのご披露や遠征の土産話etc。
R438貞光から見の越へ。
アジサイロードの花も終わりかけ、新緑だった渓谷の木々は深緑に。
ヘヤピンカーブを数えながら通過、登山口リフト横の駐車場に到着。
2 リフト頂上駅西島へ
IMGP5263.jpg
9:30徒歩登山口、剣神社の階段で記念撮影。
この階段意外に厳しく急ぐと息切れしそう。
神社参拝。安全の度合いはお賽銭の額による。
何も出さず神様にお願いだけは虫が良すぎます。
天涯の花の記念碑の前を通り、
IMGP5264.jpg
大きなブナの茂る登山道に踏み込む。
剣山頂上へ4000m。
リフトと交差するトンネルを抜ける。
ここは海抜1500m、西島まで距離で920m登る。
リフトに楽ちんで乗っている輩を横目で見て、全身汗まみれ、歩は遅々として進まず。
それでも樹林帯は日陰になっており助かった。
西島まで200mの標識を越えると視界が開ける。
快晴の空に剣山頂上、丸笹山、
IMGP5267.jpg
塔の丸、
IMGP5266.jpg
次郎笈遠く三嶺まで遠望できる。
10:15リフト頂上駅西島到着。
暫く休憩。
駅の花壇には、キレンゲショウマ、シコクフウロ、ナンゴククガイソウなどが咲き疲れを癒してくれる。
3 剣山登頂、昼食
10:25リフト頂上駅西島出発剣山登頂に向かう。
IMGP5268.jpg
取り付きの登山道は急な電光坂で張り切って登ると息切れする。
山は逃げないビスタリーマイペースで登る。
登山道の両脇にシコクフウロやアザミが華麗に咲いている。
IMGP5271.jpg
白骨林とシコクシラベの深緑のコントラストが鮮やかだ。
IMGP5274.jpg
11:00 頂上ヒュッテ到着、全員揃って剣山頂上(1954.7m)に向かい
11:15剣山登頂.。
IMGP5280.jpg
鮮やかに見える次郎笈をバックに記念撮影。
IMGP5282.jpg
頂上の植生保護のため作られた舞台で昼食をとる。
快晴で日は照っているが、天気予報どおり適度に風があり、意外と涼しい。
4 二の森から殉難碑のある分岐へ
IMGP5286.jpg
12:20一の森の予定を変更し、二の森から殉難碑のある分岐に向かう。
頂上から美しい笹原の縦走路を下る。
アップダウンを繰り返しシコクシラベの中のピーク二の森通過、
13:00殉難碑
(この殉難碑は、1985.3一の森で発生した雪崩で壊れた通信線の点検に行った測候所員が遭難。
気象庁の部長だった作家新田次郎氏が揮毫した碑)のある
IMGP5294.jpg
分岐点到着。
IMGP5295.jpg
この分岐点を鋭角に左折行者場に向かう。
IMGP5299.jpg
穴吹川源流の谷のある沢まで樹林帯の中をトラバース、アップダウンを繰り返す。
天気予報どおり午後一時曇り、登山道は日陰となりカンカン照りを覚悟していたが、
少し助かった気になる。
IMGP5302.jpg
古剣神社13:35到着。小休憩。
この沢の冷気と清流とオゾンに元気を回復。
5 天然記念物キレンゲショウマ群生地へ
13:45古剣神社を出発、320m急傾斜を登ると
IMGP5307.jpg
キレンゲショウマ群生地。
植生保護と混雑防止のため一方通行になっている。
キレンゲショウマは咲いているだろうか、
鹿の食害にあってぜんぜん花が咲かない年もあったらしい。
防鹿柵の網がそこここ目立つ。
人間は登れるが鹿が登れない階段もできている。1
50m位登った階段の先右側にカメラの放列。
その先に咲いていました。
IMGP5310.jpg
キレンゲショウマ!!
きれいな黄色でラッパ状の花とまるこい蕾。
きれいです。
夢中でデジカメに撮りました。
この花は世界的な稀産植物で、村では群生保護地域に指定し保護していると説明されていた。
6 刀掛けの松から下山、帰途へ
IMGP5311.jpg
14:10刀掛けの松に集結。
正面に見えていた丸笹山がガスで見えない。
周囲の山もかすんでいる。
今日は天気予報がよく当たる。
一斉に下山開始。皆さん下るのは速い。
15:10出発地点リフト横の駐車場に無事到着。
皆さん今日はゆとりの登山だったようです。
帰途つるぎの宿「岩戸」の温泉に入り疲れを癒す。
16:15つるぎの宿出発。途中SA石鎚山でお別れのセレモニー。
一路夕焼けの高速道路を松山へ。楽しい山行きでした。

2008.08.04(Mon) | 2008年8月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/183-d9c5d49f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。