現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2008年6月7日(土) 岩黒山・筒上山

★2008年6月7日(土) 岩黒山・筒上山 参加者…12名 天気…
CIMG2324.jpg
「寒いッ!!」
約1ヶ月ぶりの一万尺クラブ例会で訪れた
これまた久しぶりの筒上山は
寒くて寒くて震えてしまいました。
CIMG2272.jpg
《コースタイム》
コンパス5:30⇒土小屋8:15⇒岩黒山9:15⇒丸滝小屋9:55⇒手箱越11:20
⇒筒上山12:00(休憩~12:50)⇒尾根道⇒丸滝小屋⇒土小屋15:20
⇒帰路温泉(古岩屋荘)入浴⇒コンパス
《メ     モ》
CIMG2267.jpg
いつも土小屋に着いて車から降りて思うこと。
『どこよりも一番寒いなぁ。。』
今日もやっぱり寒い土小屋で支度を済ませ、石鎚山を背にストレッチ。
一ヶ月ぶりの例会は岩黒山&筒上山のWヘッダー。
まずは岩黒山へ向かう。
CIMG2269.jpg
山ボラで整備した登山道を歩き約1時間で頂上到着。
CIMG2274.jpg
例会初参加1名を加え総勢12名、筒上山へ向けて
しっかりとウォーミングアップは完了。
CIMG2278.jpg
すっきりと笹を刈り払った登山道は快適で歩きやすい。
尾根道を通って丸滝小屋へ。
CIMG2284.jpg
丸滝小屋でしばし休憩。
しかし、のんびりとはいかず…(-_-;)
ブンブンうるさくまとわりつくブヨに辟易とさせられ、
退散するように筒上山へ向かう。
CIMG2290.jpg
瑞々しい若葉の緑や黄緑の中を気持ちよく進む。
CIMG2297.jpg
6月だというのに、風は冷たく、寒さゼロ!!
無数のブヨ以外は満天な環境だ。
CIMG2304.jpg
そうこうするうち手箱越に到着。
一休みし、筒上山への核心部、鎖場のある岩場へ向かう。
CIMG2306.jpg
ここから鎖場までの急登はかなりなもの。
ひぃひぃふぅふぅ。。。
CIMG2311.jpg
いよいよ核心部・鎖場へ突入。
やっぱり基本は『三点確保』。
手足をフルに動かして、全員無事核心部を通過。
CIMG2318.jpg
あとは平坦な道を頂上へ向けて歩くのみ。
CIMG2321.jpg
空は薄曇りながらも、遠くの山々がはっきり見えている。
なかなかの高度感に満足。
CIMG2323.jpg
歩き始めて約4時間で筒上山到着。
社の後ろには西日本最高峰の石鎚山がそびえている。
360℃の大パノラマをおかずにゆっくり昼ごはん休憩。
でも、とにかく寒い。寒くて震えながらのごはん休憩だった。
CIMG2330.jpg
あまりの寒さにさっさと切り上げ下山開始。
CIMG2332.jpg
きれいに整備された尾根道を下山。
CIMG2340.jpg
緑のトンネルをくぐるように降りていく。
右を見ても左を見ても、どこを見ても
一面緑色。
全身が緑色に染まってしまったような錯覚さえ感じるほど
緑の美しい尾根道だった。
尾根道が終わり、トラバース道と合流。
丸滝小屋までは朝通った道、小屋からは岩黒山へは上り返さず
トラバース道を土小屋へ。
登り始めてから下山するまでまるまる緑に包まれ
心身はすっかりリラックス&リフレッシュし、
相変わらず寒い土小屋に無事戻ってきた。

2008.06.07(Sat) | 2008年6月レポート | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ichimanjakuclub.blog28.fc2.com/tb.php/173-1a1eceec
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。