現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

2017年3月18日(土) 伯耆大山

★2017年3月18日(土) 伯耆大山
弥生3月、春うらら~♪
そろそろ桜の開花情報が発表されようか、という時期ですが、
まだまだお山には雪がいっぱい。
今回は遠く鳥取県まで遠征。
伯耆大山へ行ってきました。

朝5時松山出発、夜20時前には松山に戻ってくるという、
なさそうで、でもある、と言う一万尺クラブ例会、日帰り大山。

天気に恵まれ、良い山旅となりました。

登山口すぐからアイゼンを装着し、サクサク軽快に歩き、
6合目までは穏やかで風も感じられず、暑いくらいでしたが、
そこから上はさすがに風が強く、体感気温もおのずと低くなり、
昼食休憩は頂上小屋の中。
雪質は柔らかく、とても歩きやすく、下山は眺望の良さも加わって、
快適すぎ~~~♪
楽しい時間はあっけなく終わるもので、あっという間に下山完了。
全員元気でケガもなく、下りてくることができました。

そういえばこの週前半に山陰地方では降雪・積雪があったと
ニュースで言っていたような…

まだまだ冬山、楽しむことができて、良かったです。

d1.jpg
大山、こんにちは~
いつもは恥ずかしいのか、中腹から上は隠れてることが多いのに
今日は全部見えてます。期待大!!
d2.jpg
駐車場も雪が多く残っているけど、車での道中には積雪なし。
d3.jpg
登山口にとりつくともうすっかり足元は雪雪雪⛄
d4.jpg
登山口から少し上がった分岐のところに小屋?

かと思ったら、なんと雪崩でうまった普通車だと…!?
こんなとこまで雪崩が襲ってきたのか…
そして可哀そうに雪に埋まった車は、雪解けまで
取り出すことができないらしい。
車の気持ち、「早く春よ来い!!」なんだろうなぁ(笑)
d5.jpg
アイゼンを装着し、準備万端。
いざ頂上へ。
d7.jpg
冬枯れのブナ林は葉っぱがすべて落ちて、見晴らし抜群。
急な上り坂、暑いくらい。
d8.jpg
やっぱり大山にも、春はそこまでやってきているんだろうなぁ。
d9.jpg
お天気の良さに思わずテンションもアップする。
d10.jpg
6合目を過ぎると、遮るものがなくなり、いっそう見晴らしはよくなった半面、
だんだんと強く吹く風が体感気温に影響してきたよう。
d11.jpg
まだまだ雪はこんなにたくさん積もっています。
雪庇に注意しなければ…
d12.jpg
そういえば山スキーを楽しむため、板を担いだ人に何人かであったけれど、
あの中を滑り降りるの、爽快だろうなぁ。。
いや、一般人には無理か…(;^_^A
d13.jpg
奥に見えるのは境港。
本当に素晴らしい眺望。
頑張りがいがあるというものだ。
d14.jpg
8合目まではがまん坂。
急登に息を切らせ苦しいけれど、眺めの良さが紛らわせてくれる。
雪はとても良い状態で、夏山大山の百倍は歩きやすい。(決して大げさではないと、上ったことがある人なら
わかってくれると思う。)
d19.jpg
8合目までのがまん坂から一転、木道のある8合目から上は傾斜もゆるくなり、
d15.jpg
乱れた息を整えながら、ひたすら頂上を目指していく。
d16.jpg
頑張って歩いてください。
d17.jpg
あとひと息ですよ~
d18.jpg
達成感に満ちたこの笑顔。
お疲れさまでした。
d20.jpg
静かな頂上に登頂。
d21.jpg
ゆっくり頂上からの景色を楽しみたいけれど風が強く退散。
d22.jpg
ほぼ雪に埋もれた頂上小屋の中で昼食。
d23.jpg
さて下りるとしますか。
d24.jpg
境港の美保湾。
すぐそこに見えていました。
d25.jpg
しかしまぁ、見事な積雪。
今年は雪が多かったんだろうなぁ。
d27.jpg
記念写真も撮ったし、
d28.jpg
おまけにもう一枚撮ったし…
d29.jpg
豆粒のような人が歩いている、おの尾根を歩くのか…
やっぱ雪庇注意だな!!
d31.jpg
まさに絶景。
海と山のコラボ。
d32.jpg
これだけ眺望が良い時間が続くのは久しぶりのような気がする。
d33.jpg
下りは早い。
d34.jpg
アイゼンワークに気を付けて、ひたすら下る。
d35.jpg
まだ下る。
d36.jpg
まだまだ下る。
d37.jpg
下りを楽しんでいたら、あら、おりちゃった。
d38_201703191824341d6.jpg
車に戻り帰り支度。
この駐車場の積雪の高さ、ハンパないです。
d39.jpg
大満足で、車に乗り込み、日帰り登山、帰路へ。
この冬最後の雪山は大大満足の登山となりました。
どうせ登るなら、こんなお天気に恵まれたいと思う、
見本のような3月の大山でした。

2017.03.19(Sun) | 例会レポート |

2017年3月7日(火) 剣山

★2017年3月7日(火) 剣山

3月に入り、暖かな毎日が続いていましたが、ここにきて急に寒の戻り。
雪山登山にはもってこい!の今日でした。
青空はあるものの風が強く、実際の気温より体感気温はかなり低かったのですが、
やっぱり雪の剣山はいいなぁ、と納得の一日でした。

1.jpg
見ノ越出発。
6.jpg
天まで届きそう
7.jpg
雪質まずまず、かな?
8.jpg
刀掛到着。
9.jpg
やはり雪はかなり少ない。
10.jpg
冬らしい立ち姿。
11.jpg
展望良し!
12.jpg
木の枝のトンネルをくぐり抜け… 
13.jpg
頂上が近くなってきたようだ。
14.jpg
頂上社手前の鳥居、今年は頭をぶつけない。
やっぱり雪が少ないの確定。
15.jpg
頂上山荘からひとのぼりで頂上へ。
16.jpg
遠くに三嶺、雪をかぶってますねぇ。
17.jpg
かっこいい容姿の次郎笈、雪は少ないけれど、相変わらずのイケメンです。
18.jpg
独り占めの頂上。しかし、風が強い。
19.jpg
いつまでも見ていたい風景だけど、寒さには勝てません。
20.jpg
早々に下山。
21.jpg
頂上ヒュッテの気温マイナス6℃かぁ。。
体感気温はもっと低くマイナス9℃くらいかな?
22.jpg
眩しくて、あったかそうだけど…
23.jpg
リフトの駅でお昼ご飯。
24.jpg
下山完了。
無事に雪の剣山、楽しめました。

以上写真は副店長・楠撮影。

以下、松本店長撮影写真を添付します。
m1.jpg

m2.jpg

m3.jpg

m4.jpg

m5.jpg

m6.jpg

m7.jpg

m8.jpg

m9.jpg

m10.jpg

m11.jpg

m12.jpg

m13.jpg

m14.jpg

m15.jpg

m16.jpg

m17.jpg

m18.jpg

m19.jpg

m20.jpg

どの写真も冬山の美しさ、楽しさを感じ取れます。

ただし、しっかりした装備・準備で行くこと。
安易な気持ちで気軽には行けるものではないことだけは間違いありません。

2017.03.08(Wed) | 例会レポート |

2017年2月25日(土) 塔ノ丸

★2017年2月25日(土) 塔ノ丸

何回行っても冬の山は魅力的です。
徳島県剣山系塔ノ丸は冬にはとても魅力的。
スノーシューとか、最適。
ピーク3つ目が頂上。
緩やかだけど、なかなか歩きごたえはありますが、
良いお天気に恵まれて、楽しく歩いてこれました。

塔1

塔2

塔3

塔4

塔5

塔6

塔7

塔9

塔9


塔12

塔13

塔14

塔15

塔16

塔17

塔18

塔19

塔20

塔21

塔22

塔23

塔24

塔25

塔26




2017.03.07(Tue) | 例会レポート |

blogram投票ボタン