現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
プロフィール

一万尺クラブ

Author:一万尺クラブ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最近のコメント
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2017年3月18日(土) 伯耆大山

★2017年3月18日(土) 伯耆大山
弥生3月、春うらら~♪
そろそろ桜の開花情報が発表されようか、という時期ですが、
まだまだお山には雪がいっぱい。
今回は遠く鳥取県まで遠征。
伯耆大山へ行ってきました。

朝5時松山出発、夜20時前には松山に戻ってくるという、
なさそうで、でもある、と言う一万尺クラブ例会、日帰り大山。

天気に恵まれ、良い山旅となりました。

登山口すぐからアイゼンを装着し、サクサク軽快に歩き、
6合目までは穏やかで風も感じられず、暑いくらいでしたが、
そこから上はさすがに風が強く、体感気温もおのずと低くなり、
昼食休憩は頂上小屋の中。
雪質は柔らかく、とても歩きやすく、下山は眺望の良さも加わって、
快適すぎ~~~♪
楽しい時間はあっけなく終わるもので、あっという間に下山完了。
全員元気でケガもなく、下りてくることができました。

そういえばこの週前半に山陰地方では降雪・積雪があったと
ニュースで言っていたような…

まだまだ冬山、楽しむことができて、良かったです。

d1.jpg
大山、こんにちは~
いつもは恥ずかしいのか、中腹から上は隠れてることが多いのに
今日は全部見えてます。期待大!!
d2.jpg
駐車場も雪が多く残っているけど、車での道中には積雪なし。
d3.jpg
登山口にとりつくともうすっかり足元は雪雪雪⛄
d4.jpg
登山口から少し上がった分岐のところに小屋?

かと思ったら、なんと雪崩でうまった普通車だと…!?
こんなとこまで雪崩が襲ってきたのか…
そして可哀そうに雪に埋まった車は、雪解けまで
取り出すことができないらしい。
車の気持ち、「早く春よ来い!!」なんだろうなぁ(笑)
d5.jpg
アイゼンを装着し、準備万端。
いざ頂上へ。
d7.jpg
冬枯れのブナ林は葉っぱがすべて落ちて、見晴らし抜群。
急な上り坂、暑いくらい。
d8.jpg
やっぱり大山にも、春はそこまでやってきているんだろうなぁ。
d9.jpg
お天気の良さに思わずテンションもアップする。
d10.jpg
6合目を過ぎると、遮るものがなくなり、いっそう見晴らしはよくなった半面、
だんだんと強く吹く風が体感気温に影響してきたよう。
d11.jpg
まだまだ雪はこんなにたくさん積もっています。
雪庇に注意しなければ…
d12.jpg
そういえば山スキーを楽しむため、板を担いだ人に何人かであったけれど、
あの中を滑り降りるの、爽快だろうなぁ。。
いや、一般人には無理か…(;^_^A
d13.jpg
奥に見えるのは境港。
本当に素晴らしい眺望。
頑張りがいがあるというものだ。
d14.jpg
8合目まではがまん坂。
急登に息を切らせ苦しいけれど、眺めの良さが紛らわせてくれる。
雪はとても良い状態で、夏山大山の百倍は歩きやすい。(決して大げさではないと、上ったことがある人なら
わかってくれると思う。)
d19.jpg
8合目までのがまん坂から一転、木道のある8合目から上は傾斜もゆるくなり、
d15.jpg
乱れた息を整えながら、ひたすら頂上を目指していく。
d16.jpg
頑張って歩いてください。
d17.jpg
あとひと息ですよ~
d18.jpg
達成感に満ちたこの笑顔。
お疲れさまでした。
d20.jpg
静かな頂上に登頂。
d21.jpg
ゆっくり頂上からの景色を楽しみたいけれど風が強く退散。
d22.jpg
ほぼ雪に埋もれた頂上小屋の中で昼食。
d23.jpg
さて下りるとしますか。
d24.jpg
境港の美保湾。
すぐそこに見えていました。
d25.jpg
しかしまぁ、見事な積雪。
今年は雪が多かったんだろうなぁ。
d27.jpg
記念写真も撮ったし、
d28.jpg
おまけにもう一枚撮ったし…
d29.jpg
豆粒のような人が歩いている、おの尾根を歩くのか…
やっぱ雪庇注意だな!!
d31.jpg
まさに絶景。
海と山のコラボ。
d32.jpg
これだけ眺望が良い時間が続くのは久しぶりのような気がする。
d33.jpg
下りは早い。
d34.jpg
アイゼンワークに気を付けて、ひたすら下る。
d35.jpg
まだ下る。
d36.jpg
まだまだ下る。
d37.jpg
下りを楽しんでいたら、あら、おりちゃった。
d38_201703191824341d6.jpg
車に戻り帰り支度。
この駐車場の積雪の高さ、ハンパないです。
d39.jpg
大満足で、車に乗り込み、日帰り登山、帰路へ。
この冬最後の雪山は大大満足の登山となりました。
どうせ登るなら、こんなお天気に恵まれたいと思う、
見本のような3月の大山でした。
スポンサーサイト

2017.03.19(Sun) | 例会レポート |

2017年3月7日(火) 剣山

★2017年3月7日(火) 剣山

3月に入り、暖かな毎日が続いていましたが、ここにきて急に寒の戻り。
雪山登山にはもってこい!の今日でした。
青空はあるものの風が強く、実際の気温より体感気温はかなり低かったのですが、
やっぱり雪の剣山はいいなぁ、と納得の一日でした。

1.jpg
見ノ越出発。
6.jpg
天まで届きそう
7.jpg
雪質まずまず、かな?
8.jpg
刀掛到着。
9.jpg
やはり雪はかなり少ない。
10.jpg
冬らしい立ち姿。
11.jpg
展望良し!
12.jpg
木の枝のトンネルをくぐり抜け… 
13.jpg
頂上が近くなってきたようだ。
14.jpg
頂上社手前の鳥居、今年は頭をぶつけない。
やっぱり雪が少ないの確定。
15.jpg
頂上山荘からひとのぼりで頂上へ。
16.jpg
遠くに三嶺、雪をかぶってますねぇ。
17.jpg
かっこいい容姿の次郎笈、雪は少ないけれど、相変わらずのイケメンです。
18.jpg
独り占めの頂上。しかし、風が強い。
19.jpg
いつまでも見ていたい風景だけど、寒さには勝てません。
20.jpg
早々に下山。
21.jpg
頂上ヒュッテの気温マイナス6℃かぁ。。
体感気温はもっと低くマイナス9℃くらいかな?
22.jpg
眩しくて、あったかそうだけど…
23.jpg
リフトの駅でお昼ご飯。
24.jpg
下山完了。
無事に雪の剣山、楽しめました。

以上写真は副店長・楠撮影。

以下、松本店長撮影写真を添付します。
m1.jpg

m2.jpg

m3.jpg

m4.jpg

m5.jpg

m6.jpg

m7.jpg

m8.jpg

m9.jpg

m10.jpg

m11.jpg

m12.jpg

m13.jpg

m14.jpg

m15.jpg

m16.jpg

m17.jpg

m18.jpg

m19.jpg

m20.jpg

どの写真も冬山の美しさ、楽しさを感じ取れます。

ただし、しっかりした装備・準備で行くこと。
安易な気持ちで気軽には行けるものではないことだけは間違いありません。

2017.03.08(Wed) | 例会レポート |

2017年2月25日(土) 塔ノ丸

★2017年2月25日(土) 塔ノ丸

何回行っても冬の山は魅力的です。
徳島県剣山系塔ノ丸は冬にはとても魅力的。
スノーシューとか、最適。
ピーク3つ目が頂上。
緩やかだけど、なかなか歩きごたえはありますが、
良いお天気に恵まれて、楽しく歩いてこれました。

塔1

塔2

塔3

塔4

塔5

塔6

塔7

塔9

塔9


塔12

塔13

塔14

塔15

塔16

塔17

塔18

塔19

塔20

塔21

塔22

塔23

塔24

塔25

塔26




2017.03.07(Tue) | 例会レポート |

2017年1月31日(火) 笹ヶ峰

★2017年1月31日(火) 笹ヶ峰 

一万尺クラブ例会レポートです

今年初の雪山例会は笹ヶ峰

前日から気温も下がり前夜から風も強いから霧氷着くかな⁉️

下津池からの林道は昨年の11月に土砂崩れの復旧工事も終わり安心して林道に入ったところ、前日、前々日と気温が上昇したのが影響してか落石が多数‼️
中には直径1m大のものも💦
あと50cmずれてたら通行不可能でした
なんとか落石を避けながら慎重に進み登山口に到着

気温はマイナス2度
思ったよりは気温は高いか⁉️
アイゼンを装着し、9時過ぎにスタート‼️
積雪は…
溶けて固まった雪の上に薄っすらと新雪が被るくらい
若干クラスト気味のコンディション
アイゼンが良く効く

程なく宿を通過し、丸山荘に到着
晴天と霧氷に皆、撮影に忙しい
雪がまだ少ない⁉️最近の気温の上昇で減ったかな⁉️なので頂上直下の斜面は笹もあちこち露出している状態

さて、今日は風も穏やかで頂上からの眺めも絶景‼️

こんな穏やかな冬の笹ヶ峰の頂上は初めてかも⁉️

こんな日は山に来て本当良かったと思う♪

さて次は次は石鎚山か、それか遠くに見える剣山か♪

天気に恵まれた1日になりました。

IMG_1606.jpg

IMG_1607.jpg

IMG_1608.jpg

IMG_1610.jpg

IMG_1611.jpg

IMG_1612.jpg

IMG_1619.jpg

IMG_1618.jpg

IMG_1620.jpg

2017.01.31(Tue) | 例会レポート |

2015年5月31日(日) 寒風山

★2015年5月31日(日) 寒風山  参加者…8名 天気…ガスって微妙
久々の例会…実は天気予報のため、中止予定でしたが…

会を運営していくにあたって、一番腐心するのが天気予報。
1週間前からずっと朝昼晩寝る前…暇さえあれば天気予報見て
考えています。

今回もずっと狙われた?と思えるような日曜日のみ雨予報、
おまけに降水確率が上がっていくという(-_-;)

気疲れと、もうこりゃだめだとのことで、金曜日に一応参加者へ連絡。

どんでん返し起こらない限り、中止です!!

ところが9回裏逆転満塁ホームラン的天気予報の劇的変化。

おひさまマークになってる!?

そこでまた悩みました。
どーしよう。。

いかん、これはみんなの意見を聞いてみよう。

そこで聞いてみました。

「天気予報変わったんですけど、どうしましょう?」

「行きたい!!」

前置き長くなりましたが、寒風山へ行ってきました。
P5311006 (640x480)
雨上がりの幻想的な風景の中

P5310977 (640x480)

上り始め、少しだけ雨でしたが、カッパ着てても汗かくし、
途中で脱いじゃうほど、全然寒くなかったし、霧雨程度でした。

P5310978 (640x480)
新しい標識できてて驚き。
いろんな場所、よく整備されていました、
ありがとうございます。
P53109820(640x480)
桑瀬峠手前では、アカモノにも出逢えました。

P5310981 (640x480)
桑瀬峠はガスの中。
雨も大丈夫。
P5310986 (640x480)
雨に濡れた葉っぱの雨粒さえいとおしく…
P5310984 (640x480)
こんぺいとうのようなマイヅルソウに癒されて
P5310997 (640x480)
でも濃霧は晴れることなく、結局当初予定の笹ヶ峰までの縦走は断念。
のんびり降りることにしました。

ここらへん、うちのクラブ、ゆるいんです、はい。( ^)o(^ )

P5311001 (640x480)
滑らないよう足元に気をつけての下山。

油断大敵ですね。

P5311011 (640x480)
でもでも、決断して、本当によかった。
雨もまたよし!!

久しぶりに吸った雨の匂いに満ち満ちた山の空気。
それはそれは美味しくて、心が十二分に満たされました。
P5311012 (640x480)
下山後、あずまやの下でご飯を食べて…
歩荷訓練できてよかった♪
瓶ヶ森林道経由石鎚スカイライン~の帰路、山荘シラサでコーヒータイム。
白石ロッジでトイレをお借りし、お菓子のお接待。
白石さん、ありがとうございました。

無事に松山到着。

気分転換にぴったりな良い一日となりました。








2015.06.02(Tue) | 例会レポート |

2015年4月28日(火) 伊吹山

★2015年4月28日(火) 伊吹山 参加者…7名 天気…
P4280698 (640x480)
たまにはこんな例会もあって良いよねぇ~
P4280669 (640x480)
登山と言ってよいのかどうか・・・

ありです!!
P4280670 (640x480)
昨年11月に山ボラで整備した石鎚山系の伊吹山へ行ってきました。
冬の間、雪に閉ざされていたから、笹も伸びてないだろうから
山ボラの登山道整備のありがたさを身をもって知ろうと企画。
P4280677 (640x480)
整備されていなければ、笹が登山道を覆い、足元どころか胸まで埋もれてしまう道だけど
今回はすっきりさっくり歩くことができ、歩き始めてなんと40分かからず
頂上到着。

P4280699 (640x480)
頂上からは左手に石鎚山、右手に瓶ヶ森が見えるという
絶景ビューポイントを独り占め。

せっかくだからとお湯を沸かして、コーヒータイム。

ここから、相談して、みんなには縦走してもらい
シラサ峠まで歩いてもらい、わたしが車を取りに戻り、シラサ峠から上り返してみんなと合流?
と思ったのですが、どういうわけかのんびりまったりムードの今回、
P4280705 (640x480)

みんなよさこい峠に戻ることに・・・

せっかくだから、2日前に整備した岩黒山のアケボノツツジの
開花状況を見に行こうと、土小屋まで戻り、

足を延ばしてみました。

うん、大正解。
P4280710 (640x480)

あちこちに初々しいアケボノツツジがもう花を付け始めていました。

ラッキーv
P4280714 (640x480)

でも、ここも花が見れたら大満足に陥ってしまい、
結局ピークへ行くことなく下山。

歩いた距離は全く物足りないけれど
心は満ちたたりた一日となりました。

今年のアケボノツツジの開花は早いです。
みなさん、遅れないでくださいね。

2015.04.30(Thu) | 例会レポート |

2015年4月18日(土) 笠松山~世田山

★2015年4月18日(土) 笠松山~世田山 天気… 参加者…6名
2015年度第1回目の例会は晴天の笠松山・世田山からのスタート。
P4180592 (640x480)
今年度も、今回のように、前を向いて、安全に楽しく山歩きができたらと願っています。

今回は、特別に朝倉在住の山歩きの大ベテラン、渡辺二孝さん(通称なべちゃん)
P4180655 (640x480)
に同行をお願い、
あちこちでガイドしていただきながらの山歩き&勉強会。
P4180587 (640x480)
とても楽しくわかりやすいガイドで、歴史に親近感を抱きつつの山歩き。
こんなの例会も大ありだなぁと、みんな大満足でした。

P4180557 (640x480)
笠松山登山口となる野々瀬古墳群でしばし散策。
P4180562 (640x480)
あちこちに古墳が点在しており、歴史を感じてもらいます。
その間に下山口となる世田薬師駐車場に車を移動。
P4180570 (640x480)
全員揃ったところから登山開始。
歩き始めてすぐにある『水大師』。
さっそくなべちゃん先生の講義。
内容は…省略…先生、ごめんなさい。
P4180572 (640x480)
とりあえず小さな標識前で、記念に一枚!
さぁ、登山開始。
P4180573 (640x480)
登山道はしっかり整備されています。
しかし、足元は真砂土石で小石をばらまいた状態、やや歩きにくい。
昨年起きた広島の豪雨による土石流もこの真砂土石が原因らしく
大粒のザラメのような真砂土石を道を歩いてその怖さを実感。
P4180575 (640x480)
今回のお目当ての花は『コバノミツバツツジ』。
今年は少し咲く時期が早かったようで、やや時期が遅かったようでしたが
P4180566 (640x480)
なんのなんの、きれいに咲いていました。
P4180583 (640x480)
しばらくゆるゆる登り、展望の良い場所でひと休み。
目の前には燧灘、そして大島や大三島など
しまなみの多島美&来島大橋を眺めながら
なべちゃん先生のお話を聞きます。
できの悪い生徒のわたしは、歴史も地理もちんぷんかんぷんなんで???でした。
先生、ごめんなさいm(__)m
P4180586 (640x480)
水飢饉の時に和尚さんが座禅を組んでお祈りを続けたら岩と岩の間から
こんこんと水がわき出て田畑を潤した、と語り継がれているじょうれん岩。
形が下から見るとカエルに似ているからおんびき岩とも言われてるんやって。
でも視点を変えると全然形が違う。
自然って面白い。
P4180601 (640x480)
目を転ずれば、石鎚山系の連なりが黄砂の影響にもかかわらずはっきりわかります。
展望最高!!
P4180603 (640x480)
100段の階段を上り切れば小さな観音堂がありました。
P4180617 (640x480) 
少し行くと二等三角点。
はい、ここでもお勉強。
P4180618 (640x480)
P4180619 (640x480)
P4180620 (640x480)
三角点って高さ30センチもない小さな四角柱だと思っていたのに
とんでもない秘密があったんですねぇ。
驚きでした!!
P4180612 (640x480)
さて、お勉強会も終わりまた前へ。
階段をたくさん下りて行き、
P4180628 (640x480)
眺望を楽しみながら
P4180632 (640x480)
また階段を上りつめると
P4180633 (640x480)
世田山展望所。
ここでお昼ごはんです。
この間まで寒い寒いと思っていたのに、
もう日陰でも平気なくらい、山も季節を変えていました。
P4180637 (640x480)
○○の高上がり?
展望の良い岩場まで行き、山座同定。
黄砂の影響がなければもっとくっきりはっきり見えるだろうに
やや残念でしたがそれでも石鎚山系や東三方が森・楢原山などしっかり見えていました。
本当に展望の良い山。
P4180640 (640x480)
眺望を十分楽しんで下山開始。
P4180645 (640x480)
栴檀寺奥ノ院。
今は無人ですが、なんだか気持の良い空間です。
P4180651 (640x480)
世田薬師~上ってくると最後に108段の階段があり
その最後にあるのが封印された大きな岩。
『腹下り石』
触ると読んで字のごとく、おなかを壊すらしい。
○本さん、触ってたけど、大丈夫かなぁ。。
P4180664 (640x480)
下りながら、見かけるコバノミツバツツジはまだまだ見ごろ。
青空とのコラボがとてもきれいでした。
P4180657 (640x480)
途中で岩盤を削って掘って巨大な石像?を作っている人に出会いました。
すごーーーーーいっ!!
P4180666 (640x480)
そんなこんなで、あらあら残念。
あっという間に下山しちゃいました。
P4180668 (640x480)
ふ~ん、こうなってるんだ、と最後に案内図を確認。
お天気に恵まれ、良い先生のお話をたくさん聞くことができ
ちょっとした里山歩きがとても有意義に感じられた一日となりました。

なべちゃん先生、どうもありがとうございました。
わたし以外は歴史大好き、本当によかったと申しております。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。











2015.04.19(Sun) | 例会レポート |

2015年3月24日(火) 雲辺寺

★2015年3月24日(火) 雲辺寺  参加者…10名 天気… 頂上は寒かった
P3240116 (640x480)
2014年度最後の例会となりました。
締めくくりは、四国88か所64番札所、雲辺寺。
知る人は知ってる?
『うんぺんじ』と読みます(*^^)v
P3240080 (640x480)
寒の戻りで肌寒さを感じながらではありましたが、
ロープウェイ乗り場横から歩き始め(決してロープウェイ代往復2060円をけちったわけではありません!(^^)!)
P3240085 (640x480)
思ってた以上に勾配のきつい登山道が続きましたが
P3240087 (640x480)
五百羅漢像に出迎えられ、約2時間で到着。
P3240090 (640x480)
五百羅漢像は全体別々で表情も様々。
この中に自分の知っている人そっくりな像が何体も・・・
でも夜は一人ではよう歩かん!!と思いましたけど…(^^ゞ
P3240093 (640x640)
お参りをしたりして、頂上広場の展望タワーへ。
P3240104 (640x640)
いつもより長めに休憩&自由時間。
P3240095 (640x640)
タワーのてっぺんは外に出ることができ360度の大パノラマ。
P3240099 (640x640)
寒気が入ったせいか、空気が澄んでおり、石鎚山や剣山、瀬戸大橋、尾道までも
見渡せました。でも寒かった。
ツララ、できてましたもん(~_~;)
P3240110 (640x480)
日差しは春そのもの
P3240111 (640x480)
足元には土から顔を出したばかりの、フキノトウ…春だなぁ。。
P3240126 (640x480)
急な上り坂は、帰りは急な下り坂。
こけないよう気を付けて…と言いながら隠れた石ころに足を取られて
ずるっ・・・(-_-;)
まぁ、駐車場まで降りてこれました。

P3240130 (640x480)
下山後は、近いこともあり、観音寺の寛永通宝の砂型で有名な銭型公園…琴引公園へ立ち寄り
P3240137 (640x480)
P3240138 (640x480)
リュックを背負っていないとただの観光客でしたが・・・!(^^)!
P3240136 (640x480)
そうそう3月末まで砂型の補修作業中だそうです。
寛永通宝も見ることがあり、大満足で帰路につきました。
穏やかな一日、2014年度の良い締めくくりの例会となりました。

2015.03.25(Wed) | 例会レポート |

2015年2月21日(土) 三本杭

★2015年2月21日(土) 三本杭 参加者…9名 天気…のち曇り、帰路
P2210262 (640x360)
今年になって3回目の例会。
宇和島鬼ヶ城山系三本杭へ。
山情報がなく、道路や登山道の積雪状況が分からず、
また天気予報も晴れのち雨と言う両極端な展開の様子。
まっ,なるようになるでしょ。
P2210204 (640x480)
道路は放射冷却の影響か、黒尊林道鹿ノコル手前あたりは凍結。
でもとりあえず難なく?鹿ノコル到着。
8時50分登山口を出発。
P2210205 (640x480)
登山道の雪はあるところにはある、ないところもある、って感じかな?
P2210208 (640x480)
まずは鬼ヶ城山頂。
みんな元気です。
P2210211 (640x480)
猪ノコルから大久保山へ。
P2210215 (640x480)
なぜかパノラマモードで撮ってしまってた大久保山山頂(^_^;)
これしかないからごめんなさい。
空模様がやや怪しくなってきました。
お願いだから、雨降らないで~
P2210220 (640x480)
順調に進んで、八面山。
お天気はどうにか大丈夫?
とりあえず熊ノコルで考えましょ!!
P2210226 (640x480)
ここからの道がいつ来ても大好きな道。
ここまで一気にこれるんなら毎日でもあ散歩に来たい道。

それでもってここで新たな発見。
今回の例会には関係ないけれど、デジカメの新しい機能を見つけてしまったわたし…!(^^)!
P2210228 (640x480)
ポップなカラーや、
P2210229 (640x480)
アートな写真風、
P2210237 (640x480)
モノクロ写真に、
P2210239 (640x480)
ミニチュア写真風…
いやぁ、おもしろい。
って遊んでないで歩かなくっちゃ。
P2210242 (640x480)
熊ノコル到着。
あと30分で三本杭。
行きましょう!!
P2210248 (640x480)
急登を登り切ると、
P2210253 (640x360)
鹿よけの柵がありました。
P2210257 (640x360)
戸をあけて、「おじゃまします」と頂上へ。
P2210263 (640x360)
頂上も笹の養生のためトラロープで区画整理?されており、
雪でぬかるんで歩きにくい中、四苦八苦。
靴、グチョグチョに泥んこになりました。
P2210267 (640x360)
風をよけて鞍部で昼食。
気温は4度か5度くらいでしたが、風があるところは
体感気温、かなり低かった。
P2210271 (640x360)
帰り道はピークは踏まずにトラバース道をひたすら歩きます。
雪もあるし、道は狭いし、でも楽しい。
笑いの絶えないわたしたち…!(^^)!
P2210274 (640x360)
ブナ林の中は本当に元気をもらえましたねぇ。
P2210280 (640x360)
なんやかんやと無事下山。
雪と泥と枯れ葉とで、あまり良い状態ではありませんでしたが
あまり寒くもなく、誰も故障することなく降りてこれました。









2015.02.22(Sun) | 例会レポート |

2015年2月10日(火) 石墨山&白猪ノ滝

★2015年2月10日(火) 石墨山&白猪ノ滝
              参加者…9名 天気…時々
P2100021 (640x427)
『松山の春は椿さんから』
と言われますが、今年は2月末頃らしく、
ここのところ、よ~く冷え込んで、雪山行くにはいい感じ?
家にいるときは考えられない気温でも、雪山だと、なんともなぁい!!

そんなわけで東温市石墨山へ行ってきました。

黒森峠途中の唐岬ノ滝登山口までの国道494号は大した雪ではなく
それでもつたない運転のわたしには4駆&スタッドレスタイヤがなければ
行けなかっただろうなぁ。
P2100005 (640x480)
なにはともあれ難なく?到着。
P2100004 (640x480) 
さてと支度も整ったことだし、出発しますか!?
P2100006 (640x480)
登山口からしばらくはトレースもしっかりあり、今日歩いた先行者ではないだろうけど
トレースに沿い静かに登ります。
ここらへんで-4度。
P2100008 (640x427)
時折木々の間から眩しい光が差し込み清々しく思えます。
P2100012 (640x427)
割石峠分岐の表示に従い石墨山方面へ。
ここからまだしばらくはトレースもあったのですが…
P2100013 (640x427)
登山道はだんだんとわたしたちの力量を試すかのように急な上り坂となり
暑く感じるほど。
時折はぁはぁ息もはずみます。
P2100014 (640x427)
振り返ってみても、急傾斜わかります。
で、問題はこのお試し急登~先の本格的急登。
ない!!
全くトレースありません。
雪は深いし、ラッセルあるのみ。
雪質は悪くないので、挑む9名。
先頭2名のつわものが(一人はわたしです(*^^)v)、時折交代しながら
ラッセル、雪との戦いでした。
泳ぐ?漕ぐ?
そんな感じで悪戦苦闘、無雪期の約3倍くらいかかったかな?
P2100015 (640x427)
胸突き八兆の坂とはまさにこのこと?
P2100016 (640x427)
でもでも根性で上りきりました。
全員がんばって登り切り稜線到着。
よく…がんばった!!
P2100018 (640x427)
ここで時間は11時10分。
気温は-10度。
P2100019 (640x427)
さぁ、どーする。
もちろんトレースなんてものはなく、
全員つぼ足、アイゼンのみ。
雪に悪戦苦闘することは必至?
P2100022 (640x427)
はい、ここで今日は終了としました。
今日の頂上は稜線でした。
P2100024 (640x427)
眺めは良好。
風をよけて、小休止して下山することにしました。
P2100032 (640x427)
下りは雪が多くてとても普通に降りられるわけもなく
お決まりのお尻での下山(尻セード)
あれだけ苦労した上りが、なんともはやいとも簡単に降りちゃいました。
P2100036 (640x427)
みんな楽しそう。
これが雪山でのおとなの姿。
まるで小さな子供の笑顔です、

P2100050 (640x480)
あまりにも早い下山だったので、月曜日に白猪ノ滝が凍結したと聞いていたので
帰路の途中にある滝へ寄り道お散歩。
真ん中辺りがまだ水が流れていましたがまずまずの氷瀑っぷり。
満足でした。
P2100053 (640x480)
小さな水路や川の表面、そこは見事見凍っていて、時間が止まっていましたねぇ。

寄り道ありの石墨山登山でしたが、全員無事帰宅。
よかったよかった。
一粒で二度美味しい例会となりました。



2015.02.11(Wed) | 例会レポート |

blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。